ラブホの上野さん全9巻好評発売中

優しいけれど、何故か好きになれない彼氏

【ご質問】

いま付き合っている彼氏がいるのですが、一言で言うと愛が重たいです。

私も彼氏が好きなのですが、彼氏の好きには敵いそうになく少ししんどいです。

彼氏は私のためにいろいろなことをしたり大事にしてくれますが、私はそれに対して100%で返すことができません。

どういう風に考えれば上手くいくでしょうか?

それとも別れた方がいいのでしょうか?

【回答】

ご質問誠に有難う御座います。

少しだけご質問者様に想像して頂きたいことが御座います。

もしも彼氏様が浮気をしていたら、ご質問者様はどう感じるでしょうか?

自分のことを大切にしてくれていると思っていたのに裏切られた気持ちになるかもしれません。

そんなことをしない人だと思っていたのにと、悲しい気持ちになるかもしれません。

ですが心の奥の奥のあたり。人間の心の最も暗く汚い部分でこんな感情が湧いてこないでしょうか?

「良かった、これで心置きなく別れられる」

第三者目線では良い彼氏

おそらく今回の彼氏様は第三者目線で見れば「良い彼氏」でしょう。

具体的にどのような行動でご質問者様のことを大切にして下さっているのかは分かりませんが、「デートの時は必ず駅まで送ってくれる」とか、「記念日は絶対に忘れずに祝ってくれる」とか、「浮気を絶対にしない」とか、一般的に良い彼氏と言われるような行動をとって下さっていることと思います。

これだけ聞けばただの良い彼氏のように思えるかも知れませんが、もしも彼氏様が本当に良い彼氏であるのであればご質問者様がこのように悩むことは御座いません。特に気になったのがご質問の最後の一文「どういう風に考えれば上手くいくでしょうか?」「それとも別れた方がいいのでしょうか?」で御座います。

もしもご質問者様が彼との交際を望んでいるのであれば、最後にこんな質問はされなかったことでしょう。彼の愛に応えられないとお悩みなのですから「どうしたら彼の愛に応えられるようになるでしょうか?」という質問になるはずで御座います。

ですので今回のご質問者様が彼氏様と別れたいと考えているのはほぼほぼ間違い御座いません。第三者目線で見れば良い彼氏であるはずの彼氏様とご質問者様は別れたいと考えているのです。

もちろんご質問者様の性格が少し変わっていて、そんな風に感じてしまっているという可能性もあるでしょう。しかしご質問文を読む限りでは、そこまで変わっている方とは思えません。

だとすれば可能性は1つだけ。

今回の彼氏様は第三者目線で見れば良い彼氏かも知れませんが、ご質問者様にとっては決して良い彼氏ではないのでしょう。

そしてこの差こそが、今回のご質問者様の最大の悩みではないかと私は感じました。

別れる理由が見つからない

事情はともかくとして、ご質問者様が彼氏と別れたいのは間違いないでしょう。しかし別れるためには別れる理由が必要で御座います。

彼氏に対して「〇〇だから別れたい」と伝える必要も御座いますが、それ以上に自分の中で折り合いを付けるという意味で理由を作る必要があるでしょう。

「別れる」のは下手をすれば「付き合う」よりも精神的に負担の大きい行為で御座います。そんな負担の大きい行為をするためには、ある種の「きっかけ」のようなものが必要になってくることでしょう。

例えば「彼氏の浮気が発覚した」なんていうのは非常に強力かつ分かりやすい「きっかけ」で御座います。

しかしこのような「きっかけ」が無いと、たとえ別れたいと思っていても簡単に別れを切り出すということは出来ません。

相手への不満が貯まり恋人関係を継続する意思が無くなったとしても、最後のひと押しがどうしても必要になってくるので御座います。

今回のご質問者様はまさにそんな「きっかけ」がなくて困っているのではないでしょうか?

失礼ながらご質問文を読む限り、ご質問者様が彼氏様と別れたいと思っているのはほぼほぼ間違いないでしょう。しかし別れを切り出す最後のひと押しが無いため、ご質問者様は彼氏様に別れを切り出せずにいるのではないでしょうか?

もちろん「別れるきっかけ」は基本的に彼女を悲しませる行為で御座いますので、そんなことはしないに越したことは御座いません。

ですが今回のご質問者様に限って言えば、その別れるきっかけがないことが最大の悩みであると思います。

もしも彼氏が浮気でもしてくれたら。

もしも彼氏が急に冷たくなったら。

もしも彼氏が誕生日を忘れてくれたら。

もしも彼氏がデートをドタキャンしてくれたら。

きっとご質問者様は悩むことなく別れを決断し、今のお悩みは解決していることでしょう。

車道側を歩く男

ところでそもそも論になりますが、どうしてご質問者様は第三者目線で見れば素晴らしい彼氏であるはずの今の彼氏様と別れたいと考えているのでしょうか。

常識的に考えて「自分のことを大事にしてくれている彼氏」と別れたいと思う人なんておりません。もちろん顔が致命的にタイプではないとか、セックスの相性が致命的に悪いとか、食の好みが致命的に合わないというような事情があれば、別れたいと思うかも知れませんが今回のご質問文にはそう言った問題点が一切書かれておりませんので、おそらくはそうでもないのでしょう。

だとすれば、ご質問者様が今の彼氏様と別れたい最大の原因は何でしょうか?

私はおそらくそれが「自分のことを大事にしてくれている」というまさにその部分にあると感じました。

これまでに彼氏様が行った「大事にしてくれる行動」を思い出してみて下さいませ。彼がそれらの行動を取ってくれた時に、ご質問者様はどう感じられたでしょうか?

「大事にされてる!!嬉しい!!」と素直に感じていたのであれば、今回のようなお悩み相談をされることはなかったでしょう。恐らくはこのように感じたのではないでしょうか?

 

「それをしてくれるのは嬉しいけど、なにか違う。」

 

彼がしてくれている行動は「良い彼氏」がする行動であり、本来は嬉しいはずなのに何故か違和感が残る。「車道側を歩いてくれて嬉しい!!」ではなく「車道側を歩いてくれたから嬉しいと思わなくてはいけない」というような感情が生まれたのではないでしょうか?

彼の行動自体は良い行動なので否定は出来ないものの、ご質問者様の心はまるで喜んでいない。彼が良い行動をしたから義務的に喜んだり嬉しがったりしなくてはいけないという感覚が生まれてはいないでしょうか?

 

非常に嫌なことを質問させて頂きます。

ご質問文には「私も彼のことが好きなのですが」とありましたが、それは本当に本心でしょうか?

私にはどうにもこの一言がこう見えてしまうのです。

「大事にしてくれているので好きと言わなければならないのですが」と。

感謝強盗

「誰からも大して必要とされていないけど社会的には「良い」とされる行動を取って、人に感謝を強要する人」

私はこんな行動を取る方のことを心の中で「感謝強盗」と呼んでいます。もちろん面と向かってそんなことを言ったら相手を怒らせてしまうので決して口にはしませんが、心の中ではそう思っているのです。

かく言う私も昔は感謝強盗をしておりました。もしかしたら気がついていないだけで、今も感謝強盗をしているかもしれません。

例えばトイレ掃除。

私がまだ新入社員だった頃、私は自分の働くラブホテルの従業員用のトイレを毎日掃除していました。もちろんトイレ掃除は悪いことでは御座いません。とは言え従業員(2人)しか使わないトイレは週に2、3回掃除をすれば何の問題もなかったでしょう。

しかし私は毎日定時よりも早く出社して従業員用のトイレを掃除しておりました。そしてそれを上司に報告して「毎日掃除して偉いな」という言葉をかけてもらっていたのです。

上司は口では褒めてくれましたが、おそらく心の中では「別に毎日やらなくても良いのに」と思っていたことでしょう。客観的に考えて、従業員用のトイレを毎日掃除するという行為はあまりにも無駄なのです。ですので上司は私のトイレ掃除という仕事にそこまで感謝していなかったことでしょう。

しかし「トイレ掃除をしました!」と言っている部下に対して「そんなん無駄」とも言えません。ですので上司は感謝をしていないのに、私に感謝の言葉を投げかけてくれていたのでしょう。

これこそが感謝強盗。

誰のことも喜ばせていないのに、感謝の言葉を相手から強引に引き出しているので御座います。

本来「感謝」は相手を喜ばせたことに対する対価として受け取るべきもののはずでしょう。しかし私のトイレ掃除は「感謝」ではなく「世間的に良いとされる行動を褒めないなんて許さない」というある種の脅しで感謝を引き出しているのです。

感謝強盗なんていう物騒な言葉を使いましたが、別にこのような行動の全てを否定するつもりは御座いません。

ただ感謝強盗をする際は、強盗される側の気持ちを考えておいた方が良いでしょう。

強盗された側は「やりたくもない感謝」を強要されているのです。もちろん「良いことをしている」という体裁があるので、それが原因で相手のことを嫌いと公言したりはしませんが、心の中ではマイナスの感情を抱いているのは間違いありません。

特に「良い人なんだけど……」「優しいとは思うけど……」「悪い人ではないけど……」の3つは感謝強盗に対する感情として非常によく見られるものでしょう。

どれも「けど……」と付いていることからマイナスの感情であることはお分かり頂けると思います。これらの感情をオブラートに包まずに言ってしまえば「あの人を良い人と言わないと、自分の人格が疑われるから良い人とは言っておくけど、本心では普通に嫌いだし苦手」くらいに考えて頂いて問題ございません。

感謝強盗の問題点

感謝強盗は少なくとも悪い行動をしているわけではないので人から明確に嫌われることはあまりありません。

また大して役に立っていないとは言え、別にいて困るわけでもないので仲間に入れてもらうことは出来るでしょう。

しかし所詮は「明確に嫌われない」とか「仲間に入れてもらうことは出来る」程度の話なので御座います。明確に嫌われることはないにしても、好かれることもまたほぼほぼ御座いません。

それでは感謝強盗は一体何が問題なのでしょうか?

まず1つ目の問題として、人から感謝を強奪するという点が挙げれらるでしょう。大して役にも立っていない人に体裁とは言え、感謝をしなくてはならないというのは人間にとってストレスなのは間違いありません。

しかしそれ以上に大きな問題として「目的を間違える」ということが挙げられます。

これは会社で考えると分かりやすいでしょう。

会社の究極の目的は「利益」で御座います。もちろん手段は選ぶべきですが、究極的には1円でも多くの利益を稼ぐことこそが会社の目的であることは間違いありません。

それでは私のトイレ掃除はどうだったでしょうか?

従業員用のトイレ、しかも大して汚れてもいないトイレなのですからそれで利益が上がるはずもありません。もちろん「トイレを毎日掃除することで己の精神鍛錬になり、結果として利益に貢献する」というような理屈を語ることは出来ますが、そうであれば上司に毎日報告して褒められる必要はないでしょう、

つまり私のトイレ掃除は会社の利益ではなく、「上司から褒められる」ということを目的にしてしまっていたので御座います。

ここで重要なのは「上司から褒められる」「上司を喜ばせる」は違うということでしょう。例えば私の上司はヘビースモーカーだったのですが、私は上司のために新品のセブンスターをいつもカバンに入れておりました。これは会社の利益ではないものの「上司を喜ばせる」ということには成功していたでしょう。

「喜ばせた結果、褒められる」なら問題ないのです。

感謝強盗の問題点は「褒められることを目的にして、喜ばせることすら出来ていない」というところにあるでしょう。

 

それでは今回の彼氏様に話を戻しましょう。

彼氏様がどんな方法でご質問者様のことを大事にしたのかは分かりません。しかしもしもご質問者様がその行動で素直に喜んでいるわけではなく、「喜ばないといけない行動だから、喜んでいることにしている」としたら、彼の行動はまさに感謝強盗そのものでしょう。

例えば車道側を歩く。

車通りが多く、歩道と車道が分離していないような道であれば彼が車道側を歩いてくれて嬉しいと思うかも知れません。

しかし車通りが少なく、しかも歩道と車道が分離しているような道であれば車道側を歩いてもらっても普通は何も感じないことと思います。車道側を歩くというのは「彼女を車の危機から遠ざける」という目的で行っているはずですので、もともと危険がほぼほぼない状況においてはほとんど意味を為しません。

ですが「彼氏が車道側を歩く」という言葉だけを抜き出せば、それは一般的に「良い彼氏」と言われるような行動でしょう。そのためこういう行動を取る彼氏は第三者目線では良い彼氏になってしまうのです。

また彼女目線でも車道側を歩いてくれた彼氏に対して、ある程度の感謝をしなければならないという気持ちになるでしょう。彼の行動は彼女様の安全にも喜びにもほとんど全く貢献していないにも関わらず、感謝をしなければならないと感じてしまうのです。

もちろんこれらはご質問文から私が推測したことに過ぎません。

ですがこれまでの彼の行動を思い出して、心当たりがある部分があるのではないでしょうか?

彼は良い彼氏なのではなく、良い彼氏と言われたいだけの人ではないでしょうか?

だからこそご質問者様は「自分のことを大切にしてくれているように見える行動」をとっている彼氏様に対して違和感を覚えているのではないでしょうか?

彼氏の目的

ご質問者様にお伺いさせて頂きます。

彼がご質問者様のことを大切にしている”ような”行動を取っているのは間違いないでしょう。しかしその行動を彼がしてくれた時、ご質問者様は本当に嬉しかったでしょうか?

もしも本当に嬉しかったとしたら、ご質問文の最後に「別れた方がいいのでしょうか?」なんて言葉を書いたでしょうか?

彼がしてくれている行動は、確かに「良い彼氏」に見える行動かもしれません。

しかし彼氏の本来の目的は「彼女を幸せにする」ということなので御座います。彼女を幸せにした結果、良い彼氏と言われるのは問題ありませんが、彼女を幸せにせずに「良い彼氏」という評価だけを得ている男性は本来の目的を全く達成していないと言わざるを得ません。

良い彼氏は結果でしかないのです。本来の目的である「彼女を幸せにする」を達成することで得られる結果であり、良い彼氏になること自体が目的になってはならないのです。

良い彼氏は彼女のことを真剣に考えているでしょうが、良い彼氏になりたいだけの人は自分の評価だけを考えて彼女のことを何にも考えておりません。彼女というツールを使って、自分が良い彼氏になるという目的を達成しているとすら言えるでしょう。

そんな男性が果たして本当に良い彼氏になり得るでしょうか?

 

ご安心くださいませ。

もしも友人から「何であんな良い人と別れたの?」と聞かれたら、こう応えてやれば良いのです。

「確かに良い彼氏っぽい行動はしてくれたけど、なんか違うんだよね。彼が良い彼氏になりたいだけで、私のことを考えているとは全然思えなかったの。」

4 Comments

アバター 最中

いつも楽しく(?)読ませて頂いております。
感謝強盗については自分にもなんとなく心当たりがあります。
これらの人の心理としては、
自己肯定感が低い→他者から認められたい→「褒められる」を目的としてしまう
だと自分は思いますがいかがでしょうか?

返信する
アバター 名無し

感謝強盗。
すごいパワーワード頂きました…。

でもいます。こういう人。
ただ彼女のいる自分、その彼女に優しい自分になりたいだけで相手に興味があったり好きなわけではないんだなと分かってしまう人。

私も昔、付き合ってる人を好きになれなかったから気持ち分かります。別れた時、この人は自分を好きなのではなくて「彼女のいる自分」というステータスを保つためのメンテナンスをしてるだけなんだと思いましたよ。

返信する
アバター 名無し

よく「なんであんなに優しくていい人は振られて恋人ができないの?なんであんな嫌な奴には恋人ができるの?女(男)って見る目ない!」という会話を聞く。

きっと優しい良い人は多数の人間に良い人と言われるけど強烈に意中の相手には響かない無難な振る舞いをして嫌な奴は相手の幸福度を上げて感情を揺さぶって興味を持たせる事を忠実にしてるのではないかと思った。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.