ラブホの上野さん全9巻好評発売中

結婚を先延ばしにする彼の心理

どうして彼は「4年」と言ったのか

あたかも彼氏様のことを悪の黒幕かのように書いてしまいましが、それはあくまでもご質問者様の勘違いを正したいだけであり、彼氏様が悪い人間であるとは私は思いません。

結婚しようと思ったけれど、不安になって延期した。

今回の彼氏様の行動はそれだけの話に過ぎません。極めて普通な話であり、こんな程度のことで「彼氏は悪いやつだ!」なんていうつもりはないのです。

むしろ私が注意をしたいのはご質問者様の方でしょう。

もちろん注意と言っても叱責するわけでは御座いません。ただご質問者様が勘違いをされているので、それを正したいだけなのです。

彼が結婚を延期したのは、ご質問のことを考えたからではなく、ただ自分が不安になったからというだけの話でしょう。それをご質問者様が「彼が真剣に私のことを考えてくれた」と勘違いをしてしまったからこそ、話がややこしくなっているのです。

それでは彼は一体なぜ不安になってしまったのでしょうか?

もちろん「ご質問者様のことを幸せにできる自信がない」という理由もあるでしょう。しかし彼氏様の性格と4年という期間を考えると彼が不安になった心理が見えてきます。

そもそも彼は一体なぜ「4年」と言ったのでしょうか?

1年でも3年でも5年でもなく4年。

「結婚を待ってほしい」という人間が口にする期間としてはかなり長い4年という数字を彼が口にしたのは、明確な理由があったと私は思います。

ご質問者様は26歳、そして彼と同い年ということですので彼もまた26歳なのでしょう。それに加えて慎重派で実家暮らし、さらに人命に関わる仕事ということは消防士や医者などの公的な要素が強い仕事と推測されることを考えれば、彼が4年と言った理由は見えてきます。

彼は普通の人生が歩みたいタイプなのでしょう。そもそも普通の人生とはなんなのかということに疑問は残りますが、現代の日本の平均初婚年齢である30歳というタイミングで彼は結婚したかったのです。

「30歳までには結婚したい」ではなく「30歳で結婚がしたい」

それが彼が4年という期間を口にした理由なのではないでしょうか?

もちろん彼がわざわざ平均初婚年齢を調べて考えたとは思いませんが、「普通は30歳くらいで結婚するものだよな」くらいには考えていたことと思います。だからこそ彼は26歳で結婚することに不安が残ったのでしょう。

 

つまり彼が結婚を躊躇ったのは、ご質問者様のせいではないのです。

ご質問者様との生活に不安が残ったとか、ご質問者様の性格が不安になったというような話ではなく、ただの年齢の問題に過ぎません。

ですのでどうかご安心くださいませ。ご質問者様は自分に責任があるのではないかと不安になっていることと思いますが、彼が結婚を延期したのはご質問者様のせいでは御座いません。

彼に伝えて欲しいこと

私はご質問者様に是非とも彼と結婚して頂きたく思っております。

彼の優柔不断さには少々きになるところが御座いますが、それも大きな問題とは思えません。それに「30歳くらいで結婚したい」と思っていたであろう彼がご質問者様にプロポーズをされたのはご質問者様の気持ちを考えたからでしょう。

撤回したのは彼の事情で御座いますが、彼が26歳でプロポーズをしたのはご質問者様のことを考えたからなのです。

撤回こそしてしまいましたが、少なくともプロポーズをした時の彼は真剣にご質問者様のことを考えていたでしょう。

そしてその気持ちが失われたとは私は思いません。ただ彼の不安が勝ってしまっただけであり、それはご質問者様のことを考えていないということではないのです。

 

しかし、4年間も待つのは様々な面であまりにも難しいと言えるでしょう。

今回の彼の気が変わると私はあまり思いませんが、それでもその可能性が0とは言えません。

またそれ以上にご質問者様が感じるストレスや不安があまりにも膨大なのです。またご質問者様のご両親様が4年間も待たせる彼を見て、徹底的に反対をして別れさせようとしてくるのも目に見えます。

ですので彼を説得し、出来る限り早く撤回したことを撤回して貰った方が良いでしょう。

 

ご質問者様の口から彼に伝えて欲しい言葉が御座います。

この言葉を用意したのは確かに私ですが、きっとご質問様の本心と合致するものでしょう。ですのでご質問者様の言葉として、彼に伝えて頂きたいのです。

あなたが私のことを幸せにする自信がないとしても、

私はあなたと一緒なら幸せになる自信がある

 

この言葉をご質問者様にお伝えしたく、今回の回答を書かせて頂きました。

ご質問者様のことを幸せにする自信のない彼に、ご質問者様の口からこの言葉をお伝えいただければ幸いです。

 

 

 

そうそう、お二人とも実家暮らしということで御座いますので、(性的な意味で)愛を確かめる際には是非当ホテル五反田キングダムをご利用くださいませ。

3 Comments

アバター みー

でもなんかこういう男は嫌だな。
「君のために〜」なんて相手のことを気遣ってる風出しといて結局は「自分のため」だもん。自分の利益を考えることがダメなんじゃなくてさも「あなたのため」みたいに取り繕う感じモラハラの典型だから気をつけて。予備軍かもよ?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.