ラブホの上野さん全9巻好評発売中

可哀想とすら思ってもらえない可哀想な人たちへ

登戸駅前で14人の男女が刺されるという事件が発生しました。

犯人の50代男性はすでに死亡しておりますので、彼にこの凶行に及んだ理由を聞くことは出来ませんが、おそらく彼は「無敵の人」だったのでしょう。

「無敵の人」というのは2ちゃんねるの創始者である西村博之さんが作った言葉であり、失うものが何もない人のことを指します。

社会的信用もなければ、金もない。

友人もいなければ、恋人もいない。

仕事もなければ、頼れる家族もいない。

そして何よりも、彼らには希望がない。

そんな人のことを、西村さんは「無敵の人」と呼びました。

日本には殺人を禁止する法律が存在しない

日本で人を殺すと刑法199条の殺人罪が適用されます。

刑法第199条 殺人罪
人を殺した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する。

しかし、この条文は「人を殺したら、このように処罰する」という法律であり、殺人そのものを禁止するものでは御座いません。

これは殺人罪に限った話ではなく、ほぼ全ての法律に言えることでしょう。

この国の法律で「禁止する」という法律はほとんど存在しないのです。

その理由は極めて明白でしょう。

現実的に考えて、法律で人の行為を禁止するなどということは不可能なのです。

例えば先ほどの殺人罪の条文を変えて「殺人を禁止する。なお人を殺した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する」としたところで、法律の意味は何も変わりません。

どれだけダメだと言われようと、やる人はやるのです。

そのため法律は「禁止」ではなく「処罰」という方法でしか、罪を規制することができません。

風俗店のポスターで学ぶ罰の意味

日本では売春は法律によって処罰の対象になっておりますが、現実問題として風俗店が多数存在するので一旦この法律については無視するものとしましょう。

さて、女性の方にはあまり馴染みがないことと思いますが、日本の風俗店には大体「本番行為に及んだ場合、罰金として100万円を請求します」というような注意事項が掲載されております。

しかし、某県某所にある風俗店では一風変わった注意事項を掲載しておりました。

先日ツイッターで話題になったので、ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、そのお店の注意事項にはこんなことが書かれていたのです。

「本番行為に及んだ場合、罰金として1万円を請求します」

この注意書きを見て、皆様はどう感じたでしょうか?

「罰金額が違うだけじゃん」とお考えになった方は、おそらく幸福な人生を歩まれた方でしょう。

私のように性格の歪んだ人間には、この注意書きはこう見えるのです。

「本番行為は1万円です」

そもそも普通の風俗店が「罰金100万円」と書いているのは、別に100万円が欲しいわけでは御座いません。

客が本番行為に及ばないように威嚇をしているからこそ、100万円という大金を書いているのです。

もしも風俗店で女性と本番行為に及ぼうと思っても、この注意書きがあると「流石にこの女に100万円は高すぎる……」と考えて、本番行為に及ばないことでしょう。

ソープに行けば高くても10万円くらいで本番行為はできるのです。

ですので100万円と書いておけば「割りに合わない」と考えて、本番行為に及ぶのを思いとどまるのです。

それではその金額が「1万円」であったらどうでしょうか?

日本で本番行為を行おうと思ったら、安いお店で1万円、高いお店で10万円くらいになります。

「1万円」という金額は極めて適正な金額に他なりません、それどころか少し安いくらいでしょう。

つまりこのお店は最初から本番行為を禁止するつもりなど毛頭なく、法的に「本番は1万円」と書けないからこそこのようなポスターを出しただけに過ぎません。

このように罰とは、犯罪者を思い留まらせるために存在しているのです。

罪を犯すメリットとデメリットを比較して、デメリットの方が大きくなければ罰は罰として機能いたしません。

例えば、今年から有給を消化させないと罰金を与えるという法律が制定されましたが、これもまたその良い例でしょう。

この法律を簡単に説明すると「有給を1年間に5日以上取得させなければ、1人あたりに30万円の罰金を処す」というもので御座います。

この法律を見て、皆様はどう思ったでしょうか?

私はこう思いました。

「1日に6万円以上の利益を上げる社員は絶対に休ませない」

1日に6万円利益をあげる社員を5日間休ませたら、会社の損害は30万円です。

損害と罰金が同じ額なのですから、罰が罰として機能しておりません。

ちなみに日本人の平均生産性はだいたい1時間あたり5000円なので、平均よりちょっと上くらいの社員であれば1日6万円の利益は上げていることでしょう。

次ページ:無敵の人に法律は通用しない

34 Comments

上野 上野

しらぬい様

ご指摘誠にありがとう御座います

私のミスで間違えておりました。

大変申し訳ございません

記事内の表記を修正させて頂きました。

反映まで少々時間がかかりますが、ご確認いただければ幸いです

この度はご指摘いただき誠にありがとうございました

何卒宜しくお願い致します。

上野

返信する
上野 上野

ご指摘誠にありがとう御座います

私のミスで間違えておりました。

大変申し訳ございません

記事内の表記を修正させて頂きました。

反映まで少々時間がかかりますが、ご確認いただければ幸いです

この度はご指摘いただき誠にありがとうございました

何卒宜しくお願い致します。

上野

返信する
アバター 法哲学を

ただね。
無敵の人は禁止を禁止とも思わないというだけ。
脱法行為を平気でする人は禁止を平気で破るというだけ。

法律は禁止規範として存在するものは山ほどあるよ。
無免許運転も禁止されてるけど、脱法が平気な人が禁止を破るだけ。
罰則が平気だから禁止されてないというのは子供の理屈かな。
廊下を走るなと禁止されてるけど、今体罰もないから走るみたいなもの。

やや議論のスタートの事実認識が雑に思います。

返信する
アバター なおと

他の方が仰るように、議論のスタートの事実認識が雑だと思います。
私は特に、「犯罪加害者は認知欲求のために犯罪に走る」という一面だけが強調されすぎている点を不気味に感じました。

加害者がどんな境遇・要因で罪を犯すに至ったのかは、他人が完全に分析できるものではありませんし、それを「おそらく」とか「分かりませんが」で一面化してしまうのは卑怯で無責任だと思います。最大限の取材をし、自分の結論に責任を持つ覚悟が初めて使える言葉が「おそらく」であり、「分かりませんが」であるべきだと考えます。

「認知」についての自身の考えを述べるために、道具として今回の事件利用しているように思えてしまい、その点が私にとって本当に気味が悪かったです。

上野さんという影響力ある方が、こうした点をあえて無視して記事を書いたのであれば、大変残念に思います。

返信する
アバター 匿名

全て拝読しました。
最後の締めに違和感を感じて改めて読み直しましたが、『認知』という結論有りきで書かれているのが、この違和感の正体だと強く実感しました。

確かに、認知欲求で通り魔を行う者も居ると思います。
ですが、それ以外の動機を持つ通り魔も沢山居ます。
その全てを十把一絡げにしてしまうのは、あまりにも暴論です。
犯罪心理学を、もう少し学んでいただきたい。そんなに単純な話ではありません。

返信する
アバター

この記事を読んで、いわゆる”無敵の人”じゃないのに
犯罪や依存に走っちゃう人も相当孤独だよなーって思った
役職持ちのおっさんの万引きとか
自衛官や警官が援交買春したり
主婦で家庭有るのにパチンコ中毒とか
心の中が空っぽな人めっちゃ居る

返信する
アバター 無敵になれない可哀想な人

ならば「可哀想な人」だと「認知してもらう方法」こそが大事なのでは……?

返信する
アバター 仮名

記事修正されてますけど、上野さんは母子家庭やLGBTの人たちを可愛そうな人としてカテゴライズする人なのだなぁとがっかりしました。

返信する
上野 上野

ご指摘誠にありがとうございます。

記事は修正させて頂きましたが、確かに私はそのように考えております。

ただしこれは不幸とか、私がその人たちに対して可哀想という感情を抱くという意味ではなく、世間から「可哀想」と思われやすく、救いの手が差し伸べられやすい(少なくともそのモチベーションが働きやすい)という意味でございます。

大変不快な思いをさせてしまい誠に申し訳ございませんでした。

返信する
アバター 匿名

犯罪心理学って・・・
一個人のブログにそこまで求めるのは逆にどうかと。
あくまでもこれはブログ主の考えってことでしょ。
色々な考えがあっていいと思いますよ。
それを読んでどう判断するかは読者の自由です。
犯罪心理学を学べなんて、それこそ暴論のような気がしますが・・。

返信する
アバター 無敵予備軍

自分はいわゆる「無敵の人」に近い。
38歳非正規雇用、年収300万、未婚、彼女なし、友人なし。吃音癖のせいで人と話すのが苦手でコミュニケーションの仕方もわからない。
髪の毛と親はまだあるので完全に無敵ではないが、無敵になるのも時間の問題。
そんな私から見て、あなたの推理は納得できる部分もあるが、結論としてはただの決めつけだと思う。
というのも、もし仮に私が凶行に及ぶならば、自分を認知してもらうためではなく、人々に怒りと苦しみを与えるためにやると思うからです。
今回の事件で多くの人が加害者に怒っています。まさに、その感情を引き起こさせることが目的かと。

返信する
アバター でりりうむ

他の方が書かれてる議論のスタートの事実認識が雑という点について。
「罰則が平気だから禁止されてない」ということではないのではないですかね。罰すら効かない人を束縛する方法はなく、ましてや禁止してますよという言葉のみで止め得るはずもない、ということを上野さんは言いたいのではないでしょうか。中にはそもそも罪の意識がない人もいますが。

その他犯人像ですが。上野さんが語られた承認欲求を求めた人物以外では、以下のパターンが思いつきました。
・何らかの疾患や薬物により、幻覚妄想に支配されていた。理解不能なパターン。
・事件を起こすことで何らかの利益が得られたパターン(家族を人質に取られ、事件を起こせば解放すると真犯人に事件を指示された、など)。
・事件を起こすことが本人にとって正しい行動であった(自爆テロの一種)
つまり心神喪失・他者の支配下・洗脳下など主体性を奪われた状態くらいしか他には挙がらないように思います。上野さんはこれらのパターンにも一応触れるべきだったと考えます。

そして、可哀想な人だと認知してもらう方法が大事では?と言われている方がいらっしゃいますが。確実なのは精神科を受診することです。差別ではなく、精神科医療に関わる者としての発言です。普通にしていて可哀想に見てもらえず、どうすれば可哀想に見えるか教えてくれる人もないなら、プロに相談するのが早道でしょう。

論旨が通っていない点があれば、ご指摘お願いいたします。

返信する
アバター なら

まあこれが男女関係で捻じくれた、
ということでしたら間違いなくレ○パーでしょう。
仮の話としてその方向で語ったほうが良かったかもです。

返信する
アバター とおりすがり

スクールカーストだったり、顔と年収だけでパートナーが決まってしまう恋愛資本主義だったり、今、世間では本稿でいう「無敵」の人を生み出すようなイデオロギーに染まった社会ばかりです。
そういった「無敵」を作り出す状況に加担しているつもりがなくても、居心地がよいがために、加担してしまうのも怖い話です。
自分の延長線上にも「無敵」状態があるにもかかわらず。

返信する
アバター

犯罪心理学が〜、事実認識が〜、って言ってる人のコメント読むと呆れる。自分が承認要求の塊になってない?
いくら、上野さんの意見が影響あるからって世論をひっくり返すほどのものじゃない。上野さん遠慮なく書きたい事書くべきですよ!

返信する
アバター なつみ

難しい話ですよね。

ニュージーランドのお話は、いいよな、国の頭がそういう考えでいてくれるのが。と羨ましく思います。
日本は汚いお金で嘘しか行ってないようにみえて。←偏見でもありますが、わたしには現実そう見えます。不快になったらすみません。スルーしてください

話がそれました。
私は、みんなが無敵の人になっちゃう可能性があると思ってます。
心の辛さが狂ってしまった人。そして基準がどうでも良くなってしまった人?憶測でしかないです。
でも私が思うに
日本のドロドロした重さ、息苦しさは、その辛さを加速させるなと、思いました。
1年間ニュージーランドに行っていて、国の違いも感じましたが、
日本にいると、不特定な人の目、が多すぎて、その、目や意見を気にするのがmustであって。社会だし、外人さんが何も気にしていないかというとそうでも無くしっかり守るところは守っているし。でも、日本ほど、完璧を求めてなくて、苦しくなさそうで。率直に疑問ではあったんです。昔から。自分の好きなことに素直になっては行けない社会なの?、私は反対意見もあるけど、言っちゃいけないんだって。
日本も好きですけどね。。。。。
人口が密集しすぎて、色々なことが悪いループにはまっているかなと最近私は思います。

長々と失礼しました。
不快でしたらスルーしてください。

返信する
アバター やつはし

犯人が認知を得たかったとしても、死んだら認知の有無が分からないんだから本末転倒だよなあと感じます。多分動機は認知の獲得のみでは無いし、「死後認知されれば良い」という考えもあったかもしれませんが。
ただ何にしろ「無敵の人」が起こす行動としては、今回は大成功に終わっていますよね。実際これほど話題になってますし。

あともう一つ。可哀想な人は、その認知をされるのも結構苦痛に感じるかもなあと思いました。自分だったらそう思うというだけですが。
認知をしてもしなくても裏目になり得るから、解決策は無いのではと。

返信する
アバター 匿名

「無敵の人」の意味がちょっとブレているのでは?少なくともバカッターと混ぜるのはどうかなと。
彼らが凶行に走れるのは失うものがないから。富・名誉・地位・人脈・他人からの評価を含めて彼らには何もなく、故に彼らの人生に価値がなく、罰も死もダメージにならないから無敵の人なわけです。

普通の人は凶行や自殺に走るためには大きな障害を吹っ切る必要があります。
たとえばエロ画像が満載のハードディスク、あるいはアダルトグッズが山積みになった自室など、いわば立つ鳥のあとが濁りまくっている状況で、凶行に及ぶのはためらいますよね。
ですが彼らにはその自室すらも無く、失うものがないゆえにブレーキが存在しないというだけでしょう。
行動による結果を求めている訳ではありません。
どの結果でも彼らは何も失わないし、得られないから人を刺すのです。

周囲の承認というのは価値の一因でしか無く、結局は彼らが「失うのが惜しい」と思う人生を手に入れられなかった事が無敵化の原因では?

返信する
アバター ハンパー

私は今回のニュースを見て、そして上野さんの考えを拝読した上で『ハロウィーンの渋谷』を思い浮かべました。

上野さんの仰る内容、論点は『認知』であり、最も危惧すべき現象が『ハロウィーンの渋谷』にあり、今回の痛ましい事件も悲しさと不気味さで不安になります。

メディアもこぞって今回の事件を取り上げますが、上野さんの『前例を作ってはならない』という言葉が的を得ている様に思います。

しかしながら、今もなお時代は『新しい時代』へと進んでおり、昔と違って情報過多の時代へ進んでいる中で、ネットリテラシーやメディアの影響、個人の表現に至るまで制限や禁止よりも『モラル』を新しく作ることが今生きる我々の責任ではないかと思います。

認知という問題について、どう対策を講じるかはもっと慎重に議論を重ねていきたいところですね。

返信する
アバター 40代女性

子供をもつ母親です。本当に痛ましい事件です。認知されたい、という欲求を、乳幼児〜低学年の時に満タンにしてあげることが必要だと思います。あなたは必要なんだと。色々な事情で、その大事な時期に親と離れてしまうと、やはりいつまでも満たされないままなのかもしれません。親でなくても、先生でも親戚でも、たった一人でも、安心感を与えられる大人が側にいて認知していれば、自分を大事にできるのだと思います。類似の事件が起きないことを祈るばかりです。

返信する
アバター 会社員

痛ましい事件でお子様心配ですよね…。
社会から人から必要とされていると自己認識できる、というのはおっしゃる通り大切だと思います。子供のときは特にですが、大人もまた必要ではないでしょうか。1分間でも痴漢にあった方がトラウマを持つことがあるように、年齢や時間によらず出来事や環境が大きな精神的作用をもたらすこともあるかと思います。

返信する
アバター ささ

「認知」が目的の「無敵の人」による犯罪がどの程度あるのかでこの記事の価値は大きく変わるように思います。
この記事の内容だけだとまだ「認知」が目的であるという思い込みの域を出ていない

返信する
アバター 匿名

それっぽく書いてるけどこれこそただのバカの駄文じゃん
根本的解決がない、可哀そうな認知もされない奴らの叫びが聞こえずに結果ただ野放しにしてそれでもまぁ俺はおめえらのこと知ってるぜって悦に浸ってるだけの気持ち悪いやつだな
そういった奴らを救う手段の筋道の思考にいたらないってことは本文の中にある手段を持たず強行手段をとる無能と同じだってこのバカは自己紹介してるって落ちじゃん

返信する
アバター とおりすがり

上野さんの可哀想ですね、という言葉に少し救われた者です

ありがとうございます

返信する
アバター ゆい

なんだか傲慢なコメントが多いですが、私は上野さんの文章が好きです。
いつも面白い切り口で展開されていてなるほどそういう考えもあるのだなぁと勉強になります。
承認欲求はマズローの一番上でしたっけ?とても大切なものですものね。
これからも応援してますー!

返信する
アバター よごれん

全て読み、納得しました。誤解を生む部分もあるかもしれませんが、その通りだと感じました。ありがとうございます。

3ページ目、「ブラック企業対象」は「ブラック企業大賞」ではないでしょうか?
下らない指摘で失礼しました。

返信する
アバター 匿名

何だか色々な闇を垣間見た気がします。
薄氷を踏むように、人の悲しさ、寂しさ、羨ましいと言う感情。
どうして幸せになれなかったのか、
どうして自分は不幸なのか。
隣の芝生は青いじゃないけど、無い物ねだり。
このような事件で記憶に残しても、意味がないと思いますが。
人は残酷なもので、来年には大多数の人が忘れていると思う昨今です。

返信する
アバター かっぱ

理詰めの話は苦手なのですが、、

奇行を起こす事はないにせよ「可愛そうですね」と言う言葉に救われた方がいる事、よかったなぁと思います。可哀想にならないために、人に親切にする事や感謝の気持ちを持ち直すきっかけになれば、意味のある発言です。

私が1番思った事は
この事件を「よくやった」てか「かっこいい」とか、、危険な
気持ちを抱いてしまってる「無敵の人」世間の隅っこにいるかもしれません。

それこそを撲滅すべきで、被害者が偶々子供やエリートであった事、連日の過剰な報道が知らずに「無敵な人」拍車をかけている怖さを、上野さんは指摘されているのではないでしょうか?

返信する
アバター 亜古

自分も「可哀想な人」にカテゴライズされる側だが、最後の一文に腹が立った
あの言葉には何の救いもない。煽られていると感じた
言いたい事は辛うじて伝わったが、もっと他の言い方があると思う
もっと寄り添う言葉が欲しかった

返信する
アバター 時々ブログを見る者

自分も最後の一文が上から目線の他人事丸出しでムカついた。
上野さんが言ってることは分かるし良いことだし所謂底辺の気持ちも想像できる優しい人だとは思うけど、どこか慇懃無礼でごう慢にも見える。
世の中や人間社会を「わかってる」だろオレ感…
まぁとにかく最後で台無しだと思った。

返信する
アバター はじめましての人

昨今は害があると見なされた人が徹底的に排斥される風潮があると思います。こちらのブログにもそれを感じました。
無敵の人を抹殺する社会ではなく、無敵の人をつくらない社会になって欲しいと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.