ラブホの上野さん全9巻好評発売中

「ヤバい人」との縁を切らないと、自分まで世間から「ヤバい人」と思われてしまう。

【ご質問】

私は30代の女性です。

私は見かけは大人しく控えめで、そういった女性が好みの男性に好かれます。

ただ本当は人見知りなだけで気は強く、男性が望むような「自分の言うことに逆らわず従ってくれる」タイプではありません。

付き合ううちにそんな内面がわかってくると、振られてしまいます。

要は「悪い意味での見た目のギャップ」のせいなのですが、どうやって解決したらいいのでしょうか。

お応えいただけたら幸いです。

そんな男はやめておけ

ご質問誠に有難うございます。

男女平等が叫ばれて久しい今日でございますが、未だに「俺に従え!」というスタンスの男性がいらっしゃるのは残念なことでしょう。

今回のご質問者様はそういう亭主関白的な男性に振られてしまうことにお悩みのようですが、そういう男性は恋人としても旦那としても色々と面倒なので別れて正解だと私は思います。

むしろご質問者様は「そういうタイプではない男性」から好かれないことを悩まなくてはなりません。

「ギャップがバレると振られてしまう」という問題を解決したところで、ご質問者様は亭主関白的な男性と付き合うことになってしまうのです。

そんな未来はご質問者様も望んでいらっしゃらないことでしょうから、いかにして「そうではない男性」から好かれるかを考えた方が良いでしょう。

「亭主関白」的な理想を勝手に持って、勝手に絶望するような男性に時間を割くほど、ご質問者様の時間の価値は低くありません。そんな男のことで悩まずに、もっと素敵な男性のことを考えて悩んでいただければ幸いです。

友達って大事

もしも私がツイッター上で「明らかにヤバげな発言をしている人」と仲良さそうにリプを飛ばし合っていたら、皆様はどう感じるでしょうか?

オブラートに包まずにお伝えさせて頂きますが、私はそんな様子を見てその人と距離をとったことがございます。

「結構普通の人だと思っていたけど、あのヤバい人と仲良くしているのか……もしかしたらあの人も相当ヤバいのかもしれない……」

もちろんそんなことをその人に直接伝えるようなことは致しません。

しかし、私に限らずそのような経験は誰だってあることでしょう。

人が人を見るときには、その人の人間性だけではなく、その人の置かれている環境やその人の周りにいる人もまた評価の対象になり得るのです。

さて、それでは今のご質問者様は周囲の男性からどのように見えているでしょうか?

ご質問文の言い回しからして、ギャップのせいで振られたことが何度かあるのでしょう。

つまりご質問者様は少なくとも2回以上「ヤバげな男性」とお付き合いをしているのです。

1度だけならまだしも、2度も3度もそんな男性と付き合っていたら、周囲の男性は「この人は亭主関白な男性が好きなのか?」と思うようになることでしょう。

当然ですが亭主関白系ではない男性は、そんなご質問者様を見て「俺とは相性が悪いだろうな……」と感じてしまいます。

また、ヤバい人間と仲良くしていると、ご質問者様の交友関係にも重大な問題が発生してしまいます。

ヤバい人の友達はだいたいヤバい人

少々極端な意見に聞こえるかも知れませんが、残念ながら現実は意外とこの法則が間違っておりません。

もちろん完全に正しいとまでは言いませんが、似たような人間が集まってきやすいのは間違いないでしょう。

つまり「亭主関白的な男性」の周りには、やはり「亭主関白的な男性」が多いのです。

すると、そんな男性とお付き合いをしているご質問者様の周りにも、やはり亭主関白的な男性が集まってきてしまうことでしょう。

価値観までも狂ってくる

ご質問者様に限らず「変な人」ばかりから好かれるとお悩みの女性は、その女性の価値観にも問題があることが多いと言えるでしょう。

問題があると言っても、その女性自身に問題があるのでは御座いません。

そうではなく「変な人」と付き合ったことにより、その女性の価値観がどんどん変な方向に曲がってきてしまうのです。

例えば人生で初めての彼氏が常に全額奢ってくれる男性であったら、その女性は「男性は全額奢ってくれるもの」と考えてしまうでしょう。

すると次の彼氏に対しても「奢ってくれるのが当然」という価値観で接してしまいがちになってしまうのです。

通常であればこういった歪みは、普通の人と接することで是正されていくのですが、交友関係を自分からあまり広げないタイプの方の場合、ここで大きな問題が発生してしまいます。

特に今回のように「俺に従え」タイプの男性の場合、この問題は非常に顕著に現れるでしょう。

「俺に従え」タイプの男性は、自分の友人に彼女を会わせたがるのでご質問者様の周りには「彼氏の友達」ばかりになってしまいます。

人間は似た者同士が集まり安いので、彼の友達もまた彼と同じく「男に従うのが当然」という価値観を持っていがちでしょう。するとご質問者様の歪んだ価値観は是正されるどころか、どんどん強化をされてしまうのです。

自分の価値観が狂い始めていることに、自分自身は気がつくことが出来ません。ですので知らず知らずのうちにご質問者様にも「男に従うのが当然」という価値観が植えつけられ、結果としてまた「男に従うのが当然」という価値観の男性を選んでしまうのです。

バンドマンにハマり続ける女性などはこの際たる例ですが、自分の価値観が歪んでいると永遠に歪んだ男を選び続けてしまうのは避けられません。

ヤバい人とは縁を切れ

「変な人にばかり好かれる」とお悩みの方はたくさんいらっしゃいますが、そういった方の多くは日頃から「変な人」とばかり一緒にいる傾向がございます。

その結果、まともな人からは「変な集団の一員」と敬遠され、そして時期に自分自身の価値観まで狂い、正真正銘の変な人になってしまうのです。

ご質問者様はまだ周囲の異常さに気がつくことが出来ておりますが、このままそんな男性ばかりを選び続けていると「これは異常なのでは?」という疑問を抱くことすら出来なくなってしまうことでしょう。

ですのでヤバい人や変な人とは早急に縁を切らなくてはなりません。

もちろん職場や学校などのように切りたくても切れない縁の場合は仕方がありませんが、そうでは無いのであればそういった「変な人」と一緒にいる時間を減らすことは非常に重要でしょう。

「変な人」と一緒にいれば、その分「普通の人」と会う時間が減ってしまいます。

「変な人」と一緒にいると、ご質問者様も同類に見えてしまいます。

「変な人」と一緒にいると、ご質問者様の価値観まで狂ってしまいます。

ですので、そんな負のスパイラルから脱するためにも「変な人」と会う時間を減らさなくてはなりません。

人間関係をリセットする最高の方法

「変な人とは縁を切れ」と言っても、人間の縁はそう簡単にきれるものでは御座いません。

しかし、人間関係を断ち切るためには非常に簡単な方法が1つ御座います。

それは「引越し」

小学生の頃に引越しをしてしまった友達と、その後も仲が良い方は非常に少ないでしょう。

引越しの日は「手紙出すからね!(平成初期脳)」「LINEするからね」と言っていた方も、結局しばらくすると疎遠になってしまうのです。

引越しは親友という縁すら断ち切ってしまう方法なのです。こちらが「ちょっと嫌だな……」と思っている人との縁など、簡単に断ち切れてしまうことでしょう。

もちろん引越しは、それなりにお金がかかる方法で御座いますので気軽にすぐやれと言うことは出来ませんが、選択肢の1つとして参考にしていただければ幸いです。

特にまだ学生の方であれば、進学や就職などで引越しをする機会もあることでしょう。

今の人間関係や自分の周りの雰囲気が苦手な方は、引越しという方法を前向きに検討することを強くオススメさせていただきます。

引越しが出来ないなら

引越しが最善の方法であることに間違いはありませんが、現実問題として引越しがそう簡単にできることではないのもまた間違いありません。

そんな方はせめて「休日」だけでも行動範囲を変えて見ると良いでしょう。

東京に住んでいる人間の発想で誠に申し訳ございませんが、休日のお出かけ先を新宿から渋谷に変えるだけでも、人間関係は大きく変わります。

繁華街があまり多くないエリアにお住いの方は「馴染みの店」を変えるだけでもそれなりに効果はあるでしょう。

重要なのは「前の知り合い」がいない場所に行くことなのです。自分が新参者になれる、そんな場所に足を運ぶように心がけてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.