ラブホの上野さん全9巻好評発売中

人間は信じたいことしか信じない

【ご質問】

いつもコラムやツイッターを楽しく拝見しています。

さて、相談なのですが、彼氏がどう思っているかよくわかないのです。

というのも、付き合って3年程なのですが、

・彼氏の家に行ったことがない
・会うのは月に1回程度
・デートは私の家が多い

という話を友人にしたところそれはおかしい、別れた方が良いと言われてしまったからです。

ほぼ毎日LINEのやり取りをし、彼氏の友人と遊びに行くこともありますし、私自身は会う頻度等に不満も疑問もなかったこと、今まであまり恋愛に興味がなく恥ずかしながらアラサーで初彼氏ということもあり、周りに言われるまで普通でないとも思っていませんでした。

ですが、思い返してみると、好きだよと言ってもそっけない返事をされたり、趣味に仕事に忙しくいつも当日急に会いたいと言いだしたり、そのわりに疲れたと言ってすぐ寝始めたりと、彼氏に好かれているのかわからなくなりました。

彼氏のことは好きですが、男性を見る目に自信があるわけでもないので、友人達のいう通りなのかな?と不安になってしまいました。

彼氏について男性の立場からどう思われますか?

【回答】

ご質問誠に有難う御座います。

今回のご質問を回答するにあたり、ご質問文のとある箇所が気になりました。

この箇所こそが今回のご質問の本質。ですので今回はこの箇所について詳しく解説をさせて頂こうと思います。

その箇所とはズバリ「という話を友人にしたところ」という部分。

ご質問者様が彼氏様の話題を友人にしたというこの箇所こそが最大の問題点であると私は思いました。

自分から話したのか、相手から話したのか

今回ご質問者様はご友人様に対して

・彼氏の家に行ったことがない
・会うのは月に1回程度
・デートは私の家が多い

とお話をされたようですが、この話をしたら友人からどのような反応が来ると想定していたのでしょうか?

もしもご質問者様が「友人からは反対される」ということを想定してこの話をしていたのであれば、それはご質問者様自身が友人から言われるまでもなく、彼氏様の行動に疑問を抱いていたということに他なりません。

ご質問者様はご質問文で「言われるまで普通ではないと思っていなかった」と仰っておりますが、果たしてそれは本当でしょうか?

確かにデートが月1というのはそこまで珍しいことでも御座いません。

この部分は特に問題ないでしょう。

しかし「自分の家には来るのに、彼氏の家に行ったことがない」ということに疑問を抱かなかったのでしょうか?

もしもご質問者様が疑問を抱いていなかったのであれば特に問題はないのですが、この点は少し気になります。

とは言えこんな話をしてイタズラにご質問者様の不安を煽るのは良いことではないでしょう。

ご質問者様が疑問を抱いていたのかいなかったのか、ということはご友人様と会話をした時の流れで判断することが可能です。

もしもご質問者様が何も疑問を抱いていなかったのであれば、ご質問者様が自らこれらの話をすることは無かったでしょう。

つまりご友人様から「彼氏の家に行ったことあるの?」と質問をされた場合や、ご友人様が「この前彼氏の家に行った時さー」というように彼氏の家の話題をしている時にこの話をされたのであれば、ご質問者様は疑問を抱いていなかった可能性が高いと言えます。

一方で「彼氏の家」という話題をご質問者様自らが始めたのであれば、それはご質問者様が疑問を感じていた可能性が高いと言えるでしょう。

しかし私はどうにもご質問者様が本当に疑問に思っていなかったとは思えないのです。

本当は心のどこかで疑問に思っていたものの、それを明るみにしてしまうと自分が苦しいから見て見ぬ振りを続けていたのではないでしょうか?

不動産の値段の付け方

マンションにしても戸建にしても土地にしても、不動産というのは全てこの世に1つしか存在しないオリジナル商品で御座います。

そのため不動産の値段を決めるということは極めて困難であると言わざるを得ません。

似たような物件の値段と比較することは可能ですが、所詮は似たような物件に過ぎないのです。

ですので不動産の値段というのは突き詰めれば、売り手と買い手のお互いがいくらにしたいか、という自己満足でのみ決定されると言えるでしょう。

ど田舎のボロ物件でも10億で買いたい人がいれば、その物件は10億なのです。逆に都心のタワマンの最上階でも100万円以上出す人がいなければ、その物件は100万円の価値しかありません。

恋愛もこれと同じです。

似たような人間はこの世に5人いると言いますが、あくまでも似た人間に過ぎません。

全ての人間は異なっている以上、その関係性が良いか悪いかというのは彼氏と彼女の自己満足によってのみ決定されるのです。

ですので、今回の彼氏様について私なりに思うことは御座いますが、最終的にはご質問者様が決定するということをご理解いただければ幸いです。

そもそも今回のお悩みは「友人からの忠告」がなければ発生しなかった問題であると言えるでしょう。

一般論として彼氏様にどれだけ問題があろうとも、ご質問者様が満足していたのであれば何も問題は無かったのです。

そのため、ご質問者様がもし「私は特に不満に思っていなかった」のであれば、今の彼氏様とお付き合いを続けても何も問題は御座いません。

4 Comments

アバター 匿名

最後の文でなるほどー!ってなりました。上野さんの短い文からの状況や相談者さんの彼氏の人物像の推察、見事です。

返信する
アバター 匿名

やっぱり浮気してそうですよね 笑
本命が別にいて質問者が浮気相手なのかも?

返信する
アバター 匿名

体だけの都合のいい女、または「実は自分が浮気相手」パターンかと思ってたけど、そうかそういう可能性もあるのか…

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.