お悩み相談

仕事のやりがいを見つける方法

保険選びとリスクの話

ご質問誠に有難う御座います。

以前勤めていた会社で、先輩社員から生命保険について相談されたことが御座いました。

「どの保険に入れば一番得で儲かるのか?」というような相談内容だったのですが、この先輩の状況から考えてどんな生命保険に入るべきか皆様もお考えくださいませ。

先輩の置かれている状況

・28歳独身男性

・今のところ結婚の予定はなし

・経済的にあまり余裕がないため、出来る限り安く、掛け捨てではない生命保険に入りたい。

・持病等は現時点ではない。

さて、この先輩はどんな生命保険に入れば良いのでしょうか?

何のための生命保険か

世の中には様々な生命保険が御座います。

掛け捨てのもの、貯蓄型のもの、保障の内容も様々です。

しかし、全ての保険に言えることですが、保険は「期待値で考えると確実にマイナスになるように設計されております。それもそのはずで、もしも保険の期待値がプラスになってしまっているのであれば、保険会社は従業員に給料を払うことが出来るはずもありません。

※期待値
確率論の概念。今回の場合「支払った金額」と「受け取れる金額」を加入者全員で比較すると「支払った金額」のほうが必ず大きくなるということ。つまり単純にお金の期待値だけで判断するのならば絶対に保険に入るべきではないということになる

「運用をしているから!」という意見も御座いますが、それならば投資信託でも買ったほうがまだマシでしょう。

どう考えても保険は入れば入るだけお金を損していく仕組みなのです。

とは言え私は何も「生命保険に入る人はバカだ!」と言いたいわけでは御座いません。確かに期待値で見れば明らかにマイナスですが、リスクヘッジという意味では生命保険は間違いなく意義のある商品なのです。

しかし、今回の先輩にオススメできる生命保険を私は1つも知りません。何故ならば先輩には現時点で生命保険でいう「リスク」と呼べるものがないからで御座います。

誰にお金を残すのか

今回の先輩の最大の問題は「保険金を残す相手がいない」ということで御座います。言い換えれば仮に先輩が若くして死んだとしても、そのことによって経済的に破綻する人間が存在しないということ。

そもそも生命保険の根本的な考え方として「自分が死ぬことで経済的に困窮する人」の生活を保護したいという考えがあるのは間違いありません。

大手生命保険会社のCMをご覧頂ければ分かると思いますが、保険会社のCMは基本的に「生命保険に未加入の大黒柱が死ぬと、残された家族がどれだけ不幸になるか」というものと「大黒柱が死んでしまったものの、生命保険に加入していたおかげで一家の生活は守られた。有難う生命保険」という2種類しかないのです。

逆に言えば「残す相手がいない人」にとって生命保険など何の意味もない商品ということ。まだ宝くじでも買っていたほうが夢があるというものです。。

 

保険に入るべき人・入るべきではない人

保険と一言で言っても様々な形が御座いますが、こと「生命保険」に関して言えば、大きく分けて2つの条件がない限り入るべきものではないでしょう。

その2つの条件とは

  1. 自分の収入に依存して生活している人がいる(家族や子供など)
  2. 自分が死んだ場合、残された人が満足に生活できるだけの貯蓄がない

そもそも生命保険というのは入社とセットで語られることが多いもので御座いました。

会社に入社すると、お昼休みにどこからともなく保険のセールスレディーがやってきて「社会人になったんだから保険くらい入りなさい」と半ば強制的に加入させられる。高度経済成長期からバブルの前くらいまでの日本では、そんな光景が見られたようですので懐かしく感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

さすがに最近では以前ほどの強引な勧誘をすることは無くなりましたが、それでも入社したと同時に生命保険の勧誘を受けたことがある方も多いでしょう。

生命保険とサラリーマン

先ほど申し上げた通り生命保険は期待値で考えると明らかなマイナスの商品で御座います。しかし、税制の優遇などからも分かるように国家の方針として、日本では生命保険への加入が推奨される傾向にあると言えるでしょう。

これは国家が国民の平穏を重要視しているのが原因です。

生命保険がない場合

3人の年収と生活にかかる費用

Aさん家Bさん家Cさん家
年収300万円300万円300万円
生活費200万円200万円200万円

もしもCさんが死ぬと……

Aさん家Bさん家Cさん家
年収300万300万0万円
生活費200万200万150万(1人家族が減るため)
結果破綻しない破綻しない生活が破綻する!

日頃の生活は余裕があるものの、破綻する人が出てくる。もしかしたら破綻したCさんの家族は犯罪に走るかもしれない!

生命保険がある場合

3人の年収と生活にかかる費用

Aさん家Bさん家Cさん家
年収300万円300万円300万円
生活費200万円200万円200万円
保険料100万円100万円100万円

もしもCさんが死ぬと……

Aさん家Bさん家Cさん家
年収300万300万0万円
生活費200万200万150万
保険料100万円100万円+150万円(保険金)
結果破綻しない破綻しない生活が破綻しない!

日頃の生活は余裕が減るものの、破綻する人が出ない!(ただし50万円の利益が生命保険会社に生まれる)

国家目線で考えると「生活が破綻する国民」が出るのが困るので、保険を推奨している(他にも理由はあるものの割愛)

次のページへ >



お悩み相談募集中

お悩み相談はこちらから



-お悩み相談