お悩み相談

「2番目の女」は「2番目に大切な女」ではなく「一緒にいる時間が2番目に長いだけの女」

ご質問

ズバリ2番目の女は1番になれる可能性はあるのでしょうか?

私は今とある男性の2番目の女です。

彼に本命の彼女がいることは知っています。

今の所、本命の彼女さんと別れる可能性は低そうですが、いつか別れたときに私は本命の彼女になれるでしょうか?

また本命の彼女になるための工夫も教えてもらえると嬉しいです。

回答

ご質問誠に有難う御座います。

本命の彼女ではなく、浮気相手として選ばれた女。

それが「2番目の女」で御座います。

本人が口にするかどうかは別にして、多くの「2番目の女」は今回のご質問者様と同じように「1番になりたい」と願っているものでしょう。

「2番目でも良い」という方はいらっしゃいますが「2番目が良い」はいないのです。

しかし残念ながら「2番目の女」が「1番目の女」になることはかなり難しいと言わざるを得ません。

特に今回のご質問者様のように「自分が2番目であると知っている女性」の場合、その難易度はさらに上がると言えるでしょう。

2番目の女≠2番目に大切

そもそも「2番目の女」は一体どの点において「2番」なのでしょうか?

多くの「2番目の女」は「2番目に大切な女性」という意味での「2番」だと思っておりますが、これは必ずしも正しくありません。

残念ながら、もしも「2番目の女」が「2番目に大切な女性」だと思われているのであれば「ヤるだけやっているのにキープされる」なんていう酷い扱いを受けることはないでしょう。

自称「2番目の女」の皆様には是非ともそのことを考えて頂きたいのです。

「2番目の女」は「2番目に大切な女」では御座いません。

2番どころかずっとずっと下の方の順位だからこそ「ヤルだけやって、付き合わない」という酷い扱いをされるのです。

「2番目の女」は大切さランキングで2位なのではなく、遊びの女の1位でしかありません。

男性にとって、この4人の「大切さ(優先順位)」を比較すると「本命の女」⇨「次の恋人候補」⇨「2番目の女」⇨「3番目の女」という順番になります。

「優先順位」というのは、極端に言えば「どっちか片方を見殺しにしなければいけない状況なら、どっちを残すか」という風に考えると分かりやすいでしょう。

本命彼女が事故死をしたら?

それでは何かの事情で男性が本命の彼女と別れたとしましょう。

今回は本命の彼女が事故死をしたとします。

この場合、次の本命彼女になるのは一体だれでしょうか?

「2番目の女」であるご質問者様には誠に申し訳ございませんが、次の本命彼女は「2番目の女」では御座いません。

そもそも「2番目の女」は恋人候補ではなく、あくまでも「遊び相手」。そのため本命の恋人がいなくなっても「本命」にはなることはありません。

本命の恋人がいなくなったとき、次に本命の恋人になるのは「2番目の女」ではなく「次の本命候補」の位置にいた女性。

この位置にいた女性が「本命彼女」へとランクアップをするのです。

「2番目の女」は女性が男性に言う「お友達ゾーン」と同じようなもの。

「体のお友達ゾーン」とでも言えば分かりやすいでしょう。

さらに言えば「次の本命候補」が「本命彼女」になったとき、「2番目の女」ではない別の女性が「次の本命候補」に名を連ねることになるのも忘れてはいけません。

次のページへ >

お悩み相談募集中

お悩み相談はこちらから



-お悩み相談

© 2021 ラブホの上野さんの相談室