お悩み相談

女性は追いかける恋愛をしないほうが良い

女性がリードする恋愛の危険性

もちろん人はそれぞれ個性が御座いますので、男性でも内面重視な方もいれば、女性でも外見重視の方もいらっしゃいます。

しかし、あくまでも一般的な傾向としては男性は「見た目重視」であり、女性が「内面重視」なことに間違いは御座いません。

さて、それではこの差が一体どのような問題を生むのかということについてお話をさせて頂きます。

まず男性の好感度で御座いますが、先ほど申し上げた通り、早い段階で急上昇をし、その後は上昇のペースが緩やかになっていきます。

特にポイントになるのが「セックス」や「告白」でしょう。

ある意味で男性にとって「セックス」や「告白の成功」はゴールで御座いますので、ここを機に上昇ペースは一気に緩やかになっていきます。「上昇ペースが緩やかになる」程度ならまだ良い方で、そのタイミングをきっかけに好感度が下降傾向になることすらあるのです。

一方で女性にとって「セックス」や「告白」というのはまさに「始まり」に他なりません。

特に「セックス」は顕著であり、「セックスをしたら好きになる」と言っても過言ではないほどで御座います。つまり女性の好感度は「セックス」や「告白」の後に上がりやすいと言えるでしょう。

さて、それではこの2つのグラフを1つにしてみましょう。

「知り合い期」から「デート期」にかけて男性の好感度の方が高いということは「男性がグイグイ引っ張るタイプの恋愛」ということになります。

このパターンの場合、セックスをする時点での好感度は圧倒的に男性の方が高くなるので、その後「恋人期」になると「男性の好感度に女性の好感度が追い付く」という形になると言えるでしょう。

特に恋人関係においては「男女の好感度」に極端な差がないほうが良いので、このパターンは比較的安定をします。もともと好感度が高かった男性のペースが下がり、好感度が低かった女性の好感度のペースが上がるので差がどんどん縮まっていくのです。

それでは「女性からアタックをする恋愛」について考えてみましょう。

「女性からアタックをする」ということは、デートやセックスの段階で「女性の方が好感度が高い」ということになります。

しかし、その場合であっても「男性の好感度は序盤」「女性の好感度は後半」という基本原則は崩れません。

すると。セックスの後にもともと好感度が高かった女性はより早いペースで好感度が上昇するのに対して、もともと好感度が低かった男性の好感度はさらにペースが下がってしまうのです。

そうすると、付き合ってからの好感度は差がドンドン開いていってしまいます。

好感度の差が大きくなればなるほど、様々なすれ違いが生まれることは言うまでも御座いません。

また、もしもこの図が全て正しいとすると、男性からアタックをする恋愛の場合でもどこかのタイミングで女性が好感度を抜かし、差が開いていくことになってしまいます。しかし、女性の好感度も青天井に上がるということは御座いませんし、男性も「上がるペースが落ちる」というだけであり「上がらない」という訳ではないのでご安心下さいませ。今回お伝えしたいのは、あくまでも「男性がアタックする形」の方が良いということで御座います。

好きになってくれた人と付き合う、は女性の特権

さてそれでは今回のご質問者様のご相談に話を戻しましょう。

ご質問者様は人を好きになることがあまりないので、自分のことを好いてくれた人とお付き合いをしているということにお悩みのようですが、そのままでも特に問題はないことと思います。

何故ならば、そのような形の恋愛は先ほどの図で言えば

このパターンに該当するので、徐々に好感度の差が縮まっていくことが想像されるからで御座います。

もちろん、最低限の相手選びは重要でしょう。

どう考えてもヤバい男性のことを「自分のことを好きになってくれたから」という理由だけで好きになるのは大変危険で御座います。しかし、逆に言えば「最低限まともな男」であれば、付き合うことでご質問者様の好感度も上がっていくので問題は御座いません。

また、今回のご質問者様は「大して好きでもないのに付き合うなんていうのは不誠実ではないか」とお悩みになっているかもしれません。

しかしその点についてはご安心下さいませ。

「本気で好きでもないのに付き合うなんて不誠実だ」というのは基本的に「女性」の悩みで御座います。

つまり、男性が本気で好きでもない女性に対して告白をしたりすることに対して「あの男は不誠実だ!」とお怒りになる女性こそ存在しますが、「とりあえず告白してくれたし、別に嫌いでもないから付き合ってみようかな」という女性に対して「あの女は不誠実だ!」と怒り出す男はほとんど存在致しません。

次のページへ >

お悩み相談募集中

皆様からのお悩み相談を募集しております。
お気軽にご相談をお送りくださいませ。

お悩み相談はこちらから


-お悩み相談
-, , , ,

© 2021 ラブホの上野さんの相談室