ラブホの上野さん全9巻好評発売中

「いい男」と「モテる男」は違う。

モテる男とはいい男とは

モテる男の定義は人それぞれで御座いますが「多数の女性と関係を持てる男性」ということは1つの指標になるでしょう。

10股をしている男性が倫理的に良いか悪いかはともかく、それほどの女性と関係を持てる時点で「モテる男」であることに異論はないことと思います。

一方でいい男とは何かということを考えると、これは「女性を幸せにできる男」ではないでしょうか?

もちろん「社会に膨大な貢献ができる」とか「スポーツで素晴らしい成績を残す」ということをされている方もいい男で御座いますが、今回は恋愛の話なので「女性を幸せにできる男」を「いい男」とさせていただきます。

 

それでは「モテる男」「いい男」を野球に当てはめて考えてみましょう。

モテる男とは「多数の女性と関係を持てる男性」で御座いますが、これを言い換えれば「何人の女性を落とすことに成功したか」ということになります。

つまり「何回成功したか」という「成功回数」が重要になってきます。

野球でいえば「安打数」がこれに該当するでしょう。

 

一方でいい男とは「女性を幸せに出来る男」で御座いますので「どれだけの確率で女性を幸せにできるのか」というものになります。

つまり「成功率」が重要になってくるでしょう。

これを野球で言えば「打率」が該当します。

 

さて、それではここで先ほどの表を思い出してみて下さいませ。

安打数を増やすために最も重要な要素は「打数」で御座います。

つまり「何回バッターボックスに立ったのか」ということこそが、安打数を増やすために最も重要なポイントでしょう。

打数さえ増えれば、衣笠選手のように打率が低くても安打数を増やすことが出来るのです。

逆に打率が非常に高い選手であっても、そもそも打席に立つ回数が少なければ安打数を増やすことはできません。

 

一方で打率はどうでしょうか?

打率は「打てる確率」で御座いますので、打数をどれほど増やしても意味はありません。

極端な話をすれば「1打数1安打。打率10割」こそが最も効率的に打率をあげる方法なのです。

 

このように「安打数を増やす方法」と「打率をあげる方法」は必ずしも一致は致しません。

先ほどの伊藤智仁選手はその典型例でしょう。

彼のルーズショルダーは成功率をあげることには役立ちましたが、一方で選手生命を短くし過ぎたため成功回数を増やすことの邪魔になりました。

逆に衣笠選手は決して打率が高い選手では御座いませんが、とにかく怪我に強かったので成功回数を増やすことが出来たのです。

※伊藤智仁選手は投手なので安打数ではなく勝利数。打率ではなく防御率と表現するべきでしたが、野球に詳しくない方を混乱させないために統一させて頂きました。

モテる要素といい男の要素

それでは本題に戻りましょう。

そもそも「たくさんの異性と関係を結べる」というのは男性にとって都合がいい生存戦略で御座います。

人間も生物である以上「生物的な生存戦略」には逆らえません。

その視点で考えるとオスの最も効率的な生存戦略は「多数のメスと関係を持ち、なおかつ子供の世話を相手の女性やその他の男にやらせる」というものでしょう。

非倫理的かどうかはともかく、一匹のオスの視点で生存戦略を考えるとこの方法こそが間違いなく最高で御座います。

 

一方で「女性を幸せにする」というのは、その言葉の通り女性にとって都合がいい生存戦略であると言えるでしょう。

女性にとって効果的な生存戦略は「優秀なオスを捕まえて、なおかつそのオスに子供の面倒を見させる」というもの。

女性は100人の男性とセックスをしても、子供は1人しか産めません。

ですのでより良い遺伝子を持つ男性とのみセックスをしたいと考えるのです。

また安定的に食料を供給してくれる存在がいなければ母子ともに死んでしまうので、自分が働けない間に食料を供給するオスを確保することが極めて重要です

このように男性と女性では、そもそもの生存戦略として相容れない部分が少なからず存在すると言わざるを得ません。

つまり「モテる男」というのは「男性にとって都合のいい生存戦略」をしている男であり、「いい男」というのは「女性にとって都合がいい男性の生存戦略」を取っている男のことなのです。

もちろん「いい男の戦略」「モテる男の戦略」には一致する部分もあるのですが、本質的には相容れない戦略であると言わざるを得ません。

いい男がモテる男になれない理由

もちろん、いい男の要素とモテる男の要素の両方を兼ね揃えたハイブリットの男性が誕生することが出来れば最高なのですが、現実問題としてそのような男性はほぼ存在し得ません。

残念ながら「モテる」に特化した男というのは、だいたい「いい男ポイント」を下げることでモテているのです。

逆に「いい男」に特化した男は、同じように「モテる男ポイント」を下げてしまっていると言えるでしょう。

伊藤智仁選手が短期間とはいえ凄まじい成績を残すことが出来たのは選手生命を犠牲にしたからに他なりません。

残念ながら、どちらかに特化すると、たいていの場合反対側の能力がおろそかになってしまうのです。

 

例えば「手当たり次第に女性に声をかける」という行為は「モテる男ポイント」を間違いなく大きく上げるでしょう。

このコラムを読んだ女性の多くは「そんな男は最低だ」と仰ることと思いますが、現実問題として手当たり次第に声をかける男性は「たくさんの女性と関係を持てる」という意味ではモテるのです。

しかし、多くの女性が「そんな男は最低だ!」と仰るように「手当たり次第に女性に声をかける」という行為は「いい男ポイント」を下げる行為になってしまうのです。

つまり「手当たり次第に声をかける」という行為は、男性にとっては都合がいいものの、女性にとっては都合が悪い行為であると言えるでしょう。

逆に「誠実に女性に尽くす」という行為は「いい男ポイント」を間違いなく上げますが、1人の女性に莫大な労力を割かなくてはいけないので「モテるポイント」は間違いなく下がります。

「いやいやそういう男はモテますよ」と仰る女性は少なくないかと思いますが、それは女性の理屈に過ぎません。

オスという生物にとってモテるとは「セックスができる」ということなのです。

ですので100人の女性から「素敵」と言われても、セックスが出来ないのであれば、それはモテるとは言えません。

 

それでは様々な男性の行動を「モテる」「いい男」かという基準で考えてみましょう。

例えば「女性にガツガツする」という行為は、触れ合う女性の人数が増えるのでモテ男ポイントは増えます。

一方でガツガツしている男性は女性からあまり好かれないので成功率は下がり、いい男ポイントは下がります。

「女性に誠実な男」というポイントは間違いなく「いい男ポイント」は上がりますが、一方でモテる男ポイントはやや微妙。

そもそもたくさんの女性と関係を持っている時点で誠実ではないのでモテ男ポイントは極端に下がるとも言えるでしょう。

また「清潔である」というように「いい男ポイント」と「モテる男ポイント」の両方をあげる特徴も御座います。

逆に言えば「不潔」は両方のポイントを下げる最悪の要素であると言えるでしょう。

【特徴】いい男ポイントモテ男ポイント
ガツガツする下がる上がる
誠実である上がる微妙
清潔感がある上がる上がる
連絡がマメ上がる微妙
顔がいい上がる上がる
おしゃべり微妙上がる
聞き上手上がる上がる
不潔下がる下がる

女性の不幸

恋愛における女性にとって最大の不幸が何かと考えると、私は「いい男」と「モテる男」が違うということにあると考えております。

そもそも誠実な男しか女性にモテないのであれば、この世から浮気なんていうものは消滅していることでしょう。

生活能力皆無で浮気しまくりのバ◯ドマンがモテるのは皆様も認めることと思いますが、その例の通り「モテるけどクズ」という男性は非常に多いのです。

これは「恋愛の時期」で考えると分かりやすいでしょう。

モテる男は「出会い〜セックス」が非常に得意なのです。

一方でいい男は「恋人〜結婚期間」で非常に高い能力を発揮します。

もちろん女性視点で見たときに最高の男性は「自分と付き合うまではモテる男で、自分と付き合ったら良い男になる男」で御座いますが、そんな都合の良い男性はあまり多くありません。

 

手当たり次第に声をかけ、1人1人の女性に労力を割くよりも数を重視する。

地に足のついた言葉よりも、歯の浮くようなセリフを言うような男が残念ながらモテてしまうのです。

おそらくこんな反論があることでしょう。

「そんな男になびく女はバカな女だ。いい女はそんな男に騙されない」

この反論は残念ながら極めて女性的な反論であると言わざるを得ません。

少なくとも生物学的な話をすれば男性は「いい女」と「バカな女」を見極める必要があまりないのです。

男をオスと捉えて考えるのであれば、大事なのは「数」であって「質」ではありません。

もちろん同じ数なら質が高い方が良いのは当然ですが、数を犠牲にしてまで質を求めるのは非効率的なのです。

 

またこれは自論ですが、男性は優秀な男とそうではない男で大きな差があるものの、女性はだいたいみんなおしなべて優秀なことも重要でしょう。

言い方は悪くなりますが、女性は「ハズレ」が少ないのです。

つまり「バカな女」と呼ばれるような女性は非常に少なく、適当に選んでも概ね当たりであると言えるでしょう。

一方で男性は「ハズレ」の方が多いと言っても良いくらい能力が極端に上下に分かれます。

そしてこれは愚痴のようで申し訳ないのですが「そんな男になびく女はバカな女だ。いい女はそんな男に騙されない」と仰る女性にどうしても言いたいことが御座います。

女性が「モテるだけの悪い男」に騙されないなら、「モテるだけの悪い男」はこの世から消滅しています。

モテるだけの悪い男が遺伝子を後世に残せているのは、間違いなくそんな男になびく女性がたくさんいらっしゃるからでしょう。

モテる男だけの悪い男のせいで割りを食っているのは、女性だけでは御座いません。

次ページ:モテるだけの悪い男は変わらない

4 Comments

アバター 厄末

漫画全巻持ってるけど、もう2冊ずつ買わなきゃ(使命感)あとフラッパーと、ん?財布にお金が無い?馬鹿な。

返信する
アバター 匿名

男性はアタリハズレでかいの解るわw
ノーベル賞貰うのも大量サツジンやらかすのもほぼ男性だからなー。
すんごい優秀な人も居るんだけどね。
あとは単純に男性のが数が多いから変なのも目立つというか。

返信する
アバター 匿名

打数と安打数の相関で説明した後に投手の伊藤智仁を例に出してモテることと良い男であることを説明した部分がよくわかりませんでした。 なぜ打者の成績の話のあとで投手の能力の話で例えるんですか?ややこしくなりませんか?赤字で勝利数は安打数と同義みたいな注釈も付ける必要なかったのでは?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.