ラブホの上野さん最新8巻発売開始!

サイコパスの思考方法

8つのパターン

【関心】【共感】【推測】について、それぞれ「出来る」「出来ない」の2つの場合に分けて考えてみましょう(共感は「する」or「しない・出来ない」 関心は「有り」or「無し」)

すると2×2×2で8つのパターンに分けることが可能です。

関心共感推測称号 
有りする出来る天使
無しする出来る教祖
有り共感しない

出来ない

出来るカウンセラー
無し共感しない

出来ない

出来るサイコパス
有りする出来ない優しき人
無しする出来ない思春期
有り共感しない

出来ない

出来ない悩み多き人
無し共感しない

出来ない

出来ない孤高の人

天使

関心・・・有り

共感・・・出来る

推測・・・出来る

人の気持ちを理解する3つの要素が全て揃ったタイプ。相手のことを理解する能力は高く、コミュニケーションも円滑に進みやすい。

ただし、その分気苦労も多くストレスが貯まることも多い。

教祖

関心・・・無し

共感・・・出来る

推測・・・出来る

本質的に人の気持ちに興味はないものの、人の気持ちを理解する能力に極めて長けた存在。

博愛主義の方もここに入りやすいが、サイコパスっぽい方も多い。

カウンセラー

関心・・・有り

共感・・・しないorできない

推測・・・出来る

 

論理的に相手の気持ちを理解することに長けたタイプ。

感情移入しないので冷静な判断を下すことが得意。ただし「冷たい」と言われやすいのがネック。

サイコパス

関心・・・無し

共感・・・しないor出来ない

推測・・・出来る

 

一般的にサイコパスと呼ばれるタイプ。とは言えこの分類はあくまでも「人の気持ちの理解方法」を分類したものであり、良心や善悪とは関係が御座いません。ですのでこのタイプだからといって犯罪者であるというような判断は間違っております。

基本的には計算高く、コミュニケーションも円滑に行えるタイプですが、冷徹な判断を下すことも苦手ではないので経営者などに多いタイプと言えるでしょう。また人への関心が低いので人間関係で悩まない傾向も御座います。

優しき人

関心・・・有り

共感・・・出来る

推測・・・出来ない

 

非常に多くの方が分類されるタイプ。自分と似た人の気持ちを理解することには非常に長けているので、仲間内でのコミュニケーションではまずます問題が御座いません。

しかし、自分と似ているタイプ以外への理解力はあまり高くないので、新天地での人間関係は得意ではないでしょう。人に感情移入しやすいので、人間関係で悩みやすいのも特徴です。

思春期

関心・・・無し

共感・・・出来る

推測・・・出来ない

 

自意識過剰なタイプです。本人は人の気持ちを理解できると思っていますが、その精度はあまり高くないことが多いでしょう。

人の目を物凄く気にしてしまうタイプであるものの、その関心は「自分がどう思われているか」ということにのみ向かっているので、あまりコミュニケーション能力は高くありません。

自分と似たタイプで集団を形成することを好みますが、その中でも「嫌われていないか」といつも不安になってしまうタイプです。

悩み多き人

関心・・・有り

共感・・・しないor出来ない

推測・・・出来ない

人の気持ちを理解するという点に関して言えば、最もストレスを溜めやすいタイプです。

人のことを想う気持ちはあるものの、その能力が一切追いついておりません。また本人が「自分の推測能力は高い」と勘違いをしてしまうことも多く、その場合はストーカー的な行動に走ることもあるでしょう。

孤高の人

関心・・・無し

共感・・・しないor出来ない

推測・・・出来ない

 

そもそも人に興味がないし、仲良くなる気もないというタイプです。

社会で生きていけるかはともかくとして、本人的には何の問題もありません。

推測力を上げる

ご質問者様は後輩の女性に関心があるようですので「関心」があるのは間違いありません。

しかし問題なのは「共感」と「推測」で御座います。

特にご質問者様に必要なのは「推測」でしょう。「共感」とは「自分と似ている思考回路の人間と円滑なコミュニケーションを取る」という能力ですので、今のご質問者様にはあまり重要ではありません。何故ならばご質問文を読む限り、ご質問者様は少なからずサークルで浮いている様子。これはつまり「サークルの人間」と「ご質問者様」はあまり思考回路が似ていいない可能性があるのです。

その場合、必要なのは「推測」

感情を捨てて相手の気持ちを論理的に構築する能力が求められるのです。

この能力を身につけることは確かに簡単なことでは御座いません。楽観視をせず、論理的に構築しなくてはならないので多くの経験が必要なのは間違いないでしょう。

ですが今回は「推測能力」を上げるための練習方法のようなものをご質問者様にお教えさせて頂きます。このテクニックを知っただけでは推測能力は上がりませんが、推測能力を上げるための練習の役には立つことでしょう。

人間は自分の目的のために合理的な判断をする生き物である。

この基本原則を心に刻んで下さいませ。

人は自分の目的のために常に合理的な判断を下します。サイコパスすらその例外では御座いません。

しかし問題なのは「目的の制定」と「合理的判断能力の差」が存在するということ。このことを常に頭に入れて人の気持ちをお考え頂ければ幸いです。

どっちを押すか?

最後に1つ例題を考えてみましょう。

2つのボタンがあります。

ボタンAは押す度に1万円貰えます。

ボタンBは押すと50%の可能性で3万円貰えます。

どちらか片方のボタンを10回押すことが出来るとして、人はどちらのボタンを押すでしょうか?

ただしAを5回 Bを5回というに分けることは出来ません。また全員「お金が欲しい」という目的を持っていると仮定します(現実ではこの目的すら共有できなことがある)

 

さて、このような状況の場合、基本的に人はBのボタンを押すことでしょう。

何故ならば「お金が欲しい」という目的を達成するためにはBのボタンを押したほうが合理的だからです。

これは期待値という考え方になりますが、ボタンAは10回押すと100%10万円貰えますが、ボタンBの場合10回押すと15万円ほど貰える計算になります。

ですのでより多くのお金が欲しいという目的を持っている方はBのボタンを押すのです。

 

しかし、現実的にはAのボタンを押す方もいらっしゃいます。

どのような状況の場合、Aを押すと考えられるか考えてみましょう。

 

・合理的判断能力の欠如

最も可能性が高いのは「合理的判断能力の欠如」で御座います。

つまり数学的にはBの方が儲かるのですが、計算能力が無いため「Aの方が儲かる」と勘違いをしてしまっている場合です。

今回のように明確に数字が出ていても「Aの方が得」と勘違いしてしまう方がいらっしゃいますが、現実は明確に数字が出ていないことの方が多いので合理的判断能力の欠如による選択ミスは非常に頻繁に発生します。

 

・合理的判断による布石

もしもこの状況でAのボタンを押した場合、それを見ている方々から「あいつはバカだ」と思われることでしょう。

しかし、現実的に「あいつはバカだ」と思われるとは非常に多くのメリットを生むことも御座います。最たるメリットは警戒されない。これは特に優秀な方にとって非常に大きなメリットと言えるでしょう。ですので「警戒されない」というメリットと「5万円」を比較して、前者のほうが重要だと思った方はAを押すことでしょう。これもまた目的のための合理的な判断で御座います。

 

・安定性の確保

もしも皆様が闇金ウシジマくんから10万円お金を借りていたら、Aのボタンを押したほうが良いでしょう。

何故ならばAのボタンを押した場合、100%10万円を貰うことが出来ますが、Bのボタンの場合約17%の確率で賞金が10万円を下回ります。

今日中に10万円を用意しなければウシジマくんに殺されてしまうような状況の場合、確実に10万円を取りに行くのが合理的で懸命な判断と言えるでしょう。

 

もちろんこれ以外も様々な可能性が御座いますが、どの場合でも「本人視点」では「目的に対して合理的な判断」を下しているのです。

ですので誰かの行動や思考が理解できない場合は「目的」と「合理的判断能力」が自分の推測と異なっているのではないか、と考える必要があると言えるでしょう。

 

おまけの宣伝

というわけで麻雀をしましょう。

相手がどんな目的を持っていて、どのように合理的な判断を下すのかを知るための勉強として非常に有効な手段で御座います。

完全にPRかつ宣伝では御座いますが、対人ゲームが人の気持ちを理解するための練習として重要というのは事実で御座いますので、もし宜しければ遊んでみて下さいませ。

NET麻雀 MJモバイル

3 Comments

ふじ

最後の問題、Bのボタンを10回押しても1円も手に入らない場合もあると思うので、私なら確実に10万円もらえるAのボタンを押します。

お金が欲しいという目的を設定しているなら、お金が入らない場合があるBを押す方が非合理的な判断じゃないでしょうか??

返信する
あか

はじめの設問、私はAでもBでもどちらでも変わりはないけれど、Bを押した場合、同様のBボタンを誰かが所持した場合に自分が電気を流されるターゲットになる可能性が高まるのでは?と、Aを選択しました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA