嫌な記憶の忘れ方

【ご質問】

子供の頃のトラウマが消えなくて困っています。

【回答】

ご質問誠に有難うございます。
 
「01123581321345589144」
「01234567890123456789」
 
 
この数字はどちらも20桁の数字ですが、暗記をしてみてください。
暗記をしたと思ったら、この画面から目を離し、紙に数字を書いてみてくださいませ。
 
おそらく下の数字を暗記できない方はいらっしゃらないことでしょう。
0から順番に数字が書かれているだけですので通常であればまず忘れることは御座いません。
5秒もあれば暗記できることでしょう。
 
しかし、上の数字を暗記できた方は少ないことと思います。
何故、上の数字は暗記が出来ないのに下の数字は暗記が簡単に出来るのかと言えば、それは「意味の有無」が原因であると言えるでしょう。
 
下の数字は「0から順に9までを2回」という「意味」が御座います。
しかし、上の数字には意味が無い。この意味の差が「分かりやすさ」の差となり、覚えやすさの差になることと思います。
 
この「意味の差」というのは暗記をする上で非常に重要で御座います。

 

 

 

それをお伝えするために、先ほどの「01123581321345589144」という数字の「意味」を皆様にお伝えしたいと思います。恐らくこの「意味」をご理解頂ければ、「01123581321345589144」という謎の数字もきっと覚えられることでしょう。
 
実は、この「01123581321345589144」という数字はフィボナッチ数という数学の意味が御座います。
フィボナッチ数と言っても意味が分からないことと思いますので、少しかみ砕いてご説明させて頂きます。
 
 

 

まずは「01123581321345589144」を
「0,1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144」
というように分けて考えてみましょう。
 
 

 

ここでお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、この数字の列は直前の2つの数字の合計が次の数字になるという数列になっており、このような数字の並びのことを数学用語では「フィボナッチ数」と言います。

「0+1=1」「1+1=2」「1+2=3」「2+3=5」「3+5=8」というように続く数列のことで、これを理解すれば上の数字を覚えることも簡単でしょう。

 

 

最初の「0」と「1」を決めれば、3桁目は0+1で1、4桁目は1+1で2、5桁目は1+2で3と簡単に覚えることが可能です。
 

 

「01123581321345589144」という数字の羅列を覚えることは非常に難しいでしょうが、フィボナッチ数という言葉とその仕組みを覚えることはそこまで難しいことでは御座いません。
 

 

このように人間と言う生き物は「意味のないもの」「抽象的なもの」を暗記することが苦手な反面「意味のあるもの」「具体的なもの」は比較的簡単に理解することが可能で御座います。
 

 

また、その意味に「名前を付ける」ということもまた記憶の上では非常に重要な要素で御座います。フィボナッチ数の場合、日本語ではないのでやや覚えにくいですが「最初の数から順々に足してくやつ」なんていう覚え方よりも「フィボナッチ数」と名前を付けたほうが簡単に覚えることが可能でしょう。
 

 

これは数学に限った話ではなく、受験勉強においては非常に重要な要素の1つです。
例えば歴史であれば「満州事変(1931年)」と「日本の国際連盟脱退(1933年)」という言葉だけを覚えても、どっちが先の出来事かすぐに忘れますが「満州事変での日本の行動が国際連盟で問題になって、それに納得できなかったため脱退した」と覚えれば「満州事変→国連脱退」という順番を忘れることはありません。

 

暗記をするためには「暗記物に意味を与える」

 

受験勉強で必ず役立つ法則の1つでしょう。理由や概念を与えると、人間の記憶は格段に向上するのです。

 

 
ところで受験生にとって最も大変な暗記は何といっても「英単語」かと思います。
 
これもやはり「意味を与える」と言うことが非常に重要な要素になるのですが、私が塾講師をしていた2011年、受験生の全員が簡単に覚えることが出来る単語が御座いました。
 
それは「Melt(メルト)」
 
「溶ける」という意味ですが、この単語の意味を忘れてしまった受験生を私は1人も知りません。
 
その理由は私が考えるに3つ御座いました。
 
1つ目は、同名の歌がインターネットで流行っていたため。しかもサビの部分に「溶ける」という単語があったので簡単に覚えることが出来たのでしょう。
 
2つ目は、東日本大震災。福島原発で発生した「メルトダウン」という言葉は「Melt」が「溶ける」という意味を想像する上では非常に分かりやすい例でした。イメージ付けという意味では、非常に分かりやすい例であったと言えるでしょう。
 
そして3つ目ですが、これは2つ目にも関連する理由で御座います。
「何度も何度も繰り返し「メルト」という言葉を聞くことになった」ということ。
 

 

 

 

皆様も記憶に新しいかとは思いますが、2011年3月11日からしばらくの間、「メルトダウン」という言葉をニュースで聞かない日は御座いませんでした。
 
 

 

人間の記憶というのは「長期間にわたる繰り返し」で定着率が格段に向上致します。

 

 

 

例えば「Melt」という単語を覚えるために100回音読をするとしても、1日で100回音読するのではなく、1日1回100日間音読をした方が遥かに効率的で御座います。
 
さて、受験生の皆様、ここまでのポイントをおさらいしてみましょう。
 
暗記をするためには

 

 

 

1)イメージや理由を付ける
2)意味を覚える

1 個のコメント

  • うわぁーーーっ!なっ!懐かしっ!
    しかも、完全に忘れてたのにっ!!
    なんて事を思い出させるんですか!
    …最後に身をもって実証させられて
    すごく…悔しいんですけどw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA