ラブホの上野さん全9巻好評発売中

初めてのデートで使えるオススメのデートスポット1選

最初のデートでどこへ行くかお悩みの皆様。

今回はそのお悩みに決着を付けさせて頂きます。

どうかご安心くださいませ。私はデートスポットを10個も20個も紹介して「こういったところがオススメですよ!」なんているヌルい解決方法はご用意しておりません。

10個も20個も候補地があったら、結局その中のどれがいいか判断に困ることでしょう。

そもそも20個もあるデートスポットの中から適切な1つを選べるのであれば、最初のデートスポットに悩んだりはしないのです。

最初のデートで行く場所はズバリ1択。

この1つだけを抑えておけば問題ございません。

その場所とは……

最初のデートでやりがちな失敗

初めてのデートで失敗をする原因は大きく5つございます。

1 時間が間延びする
2 会話が盛り上がらない
3 ひとりよがりのデート
4 デートが重い
5 不安感を与える

まず最も多い失敗が「デートの間延び」でしょう。

デートに誘う男性は相手の女性に気があるので、1秒でも長く一緒にいたいと考えしまいます。

しかし「1秒でも長く一緒にいる」ということを目的にしてしまうと、どうしてもデート内容が間延びしてしまうと言わざるを得ません。

人間は「最初と最後」を強く記憶する生き物で御座いますので、デートが間延びすると「なんか色々あったけど、最後の方はグダグダだったな」という印象を相手に与えてしまうのです。

ですので最初のデートで間延びは厳禁。

長くても2〜3時間程度で終わるようなスピーディーなデートをするように心がけましょう。

たとえば遊園地は非常に魅力的なデートスポットで御座いますが、どれだけ素早く回っても5、6時間はかかってしまいます。

そのためまだあまり仲良くなっていない最初のデートでは、非常に危険な選択肢であると言わざるを得ません。

またウインドウショッピングのような時間が読めないデートも、間延びする可能性が非常に高いと言えるでしょう。

 

ですので最初のデートでは2、3時間で必ず終わるスポットを選択すると良いでしょう。

たとえば映画であれば「2時間」と時間が決まっています。

また美術館のように基本的に一方通行で順路を回るタイプの展示施設も、時間が読みやすく間延びしにくいと言えるでしょう。

最初のデートは長くても3時間。

これが最初のデートスポット選び選択の秘訣その1で御座います。

 

 

次に多い失敗は「会話が盛り上がらない」で御座います。

男性のコミュニケーション能力が高ければ、どんなところに行っても会話は盛り上がるでしょうが、デートスポットによって「会話が盛り上がりやすいかやすくないか」という差があるのは間違いありません。

たとえば「映画」などは会話が盛り上がらないデートの最たる例でしょう。

そもそも上映中は会話ができないのです。

これでは男性のコミュニケーション能力がどれほど高くても絶対に会話は盛り上がりません。

また図書館や美術館のような「あまり声が出せない場所」も会話の盛り上がりに欠ける可能性が高いでしょう。

逆に「リアル脱出ゲーム」のような会話が必須のデートスポットの場合、どれほど男性のコミュニケーション能力が低くても絶対に会話が生まれます。

会話が生まれやすい場所を選ぶ。

これが最初のデートスポット選びの秘訣その2で御座います。

 

 

次にデート慣れしていない男性がやりがちな失敗が「ひとりよがりなデート」で御座います。

たとえばアーティストのライブなどがこれに該当するでしょう。

もちろん女性もそのアーティストが好きならばひとりよがりではないのですが「このアーティストの良さを教えてあげよう」的なスタンスの場合、それはひとりよがりであると言わざるを得ません。

相手はそのアーティストに何の興味もないのです。よほどのプレゼン能力がなければ、その日だけでそのアーティストに興味を持ってもらうことは不可能でしょう。

 

いずれにしても「ひとりよがりなデート」にしてしまうと「彼女を口説く」というミッションの他に「彼女にその場所の良さを伝える」というミッションまで加わってしまうのです。

わざわざミッションを増やしても自分の首を締めるだけでしょう。

また仮にその両方のミッションに成功したとしても「最初のデートでひとりよがりな場所を選んだ」という印象を拭うことはできません。

最初のデートは相手が興味のある場所を選ぶ。

これが最初のデートスポット選びの秘訣その3で御座います。

 

次の「重いデートになってしまう」というのもデート慣れしていない男性がやりがちな失敗でございます。

「重いデート」というのは色々なパターンが御座いますが、一言で言えば「お金がかかるデート」と考えて頂いて問題ございません。

たとえばクルージングや高級すぎるレストランなどがこれに該当します。

またデートスポットではございませんが、いきなり高価なプレゼントを渡すような方もこのパターンに該当するでしょう。

プレゼントが悪いとは言いませんが、高価なプレゼントは重いのです。

具体的にいくらくらいからが「重いのか」というのはその方の年収などにもよって変わるので一概には言えませんが、社会人であっても2人で2万円程度に収まると良いでしょう。

2万円というのはかなり多めに取った数字でございますので、実際のところ2人で5,000円程度でも全く問題はございません。

最初のデートにはお金をかけない。

これが最初のデートスポット選びの秘訣その4でございます。

 

最後の5つ目は「不安感を与えるデート」でございます。

その筆頭はなんと言ってもも個室

カラオケや漫画喫茶などのような「個室に2人っきり」になるデートが不安感を与えるデートの筆頭でしょう。

また旅行は「個室+泊まり」という不安感しか与えないデートなので絶対に避けたほうが無難です。

ちなみに「不安にさせることで吊り橋効果が狙える」などという訳のわからない意見を仰る方もいらっしゃいますが、吊り橋効果は「イケメンと美女しか使えない」ということが分かっているので、残念ながらイケメンではない私たちは素直に不安感を与えないデートを選びましょう。

不安感を与えないデートスポットを選ぶ

これが最初のデートスポット選びの秘訣その5でございます。

この5つのポイントを満たす最強のデートスポットとは?

それでは比較的メジャーなデートスポットを先ほどの5つの条件に当てはまるか比較してみましょう。

強いて言えば「水族館」と「カフェ」が「×無し」で御座いますが、カフェは会話を盛り上げるためにスキルが必要ですし、デートという特別感もございません。

また水族館は比較的無難なデートスポットで御座いますが、身近に水族館がない場合も多いでしょう。逆に身近に有名な水族館があると、大抵の方が1度は行っているので、それはそれで少々ネックであると言わざるを得ません。

悪い訳ではないが……な場所

それでは先ほどの5つの条件を全て満たす最強の「最初のデートスポット」とは一体どこでしょうか?

それはズバリ「ちょっと変わったものが食べられる飲食店」で御座います。

ちょっと変わったものが食べられる飲食店が最強である理由

早速ですが「ちょっと変わったものが食べられる飲食店」を先ほどの5つの条件に照らし合わせてみましょう。

まず飲食店はどれだけ長居しても2時間くらいが限界なので間延びしません。またコース料理を選べば、自動的に終了するのでより確実に時間を限定することが出来るでしょう。

次に会話ですが、ちょっと変わったものが食べられる飲食店には2つのメリットがございます。

1つ目は「話のネタ」が常に提供され続けるということ。

「変わった食べ物」はだいたい異国の料理なので、料理と旅行という最強の2つの話題が提供され続けます。

話のネタに困ったら目の前の料理とその国について話せば良いのです。

2つ目のメリットは沈黙が重くなりにくいということ。

話のネタに困らないものの、それでもなお会話が詰まってしまう方もいらっしゃることでしょう。

しかし口に物を入れながら喋るのはマナー違反という一般常識をここで活用することが可能です。

困ったら食べればいいのです。

口にものが入っている時であれば、会話がなくても気まずい沈黙にはなりません。

「ひとりよがりじゃない」というのもこのデートスポットの魅力でしょう。

基本的に世の中には「食」に興味がない方はほとんどおりません。

ごくごく稀に食に関心のない方もいらっしゃいますが、圧倒的に男性に多いので気にする必要はないでしょう。

お金の問題もございません。

よほど変な場所を選ばない限り、2人で1万円を超えることはまずないでしょう。

またレストランは基本的にオープンスペースですし、仮に個室式だったとしてもその個室感はほとんどございません。女性に不安感を与える可能性は皆無でしょう。

このように「ちょっと変わったものが食べられる飲食店」は5つの条件を全て完璧に満たす最強の選択肢なのです。

「迷ったらこれ」というレベルではございません。

「迷わなくてもこれ」

最初のデートは「ちょっと変わったものが食べられる飲食店」以外考慮しなくても全く問題ないレベルなのです。

ちょっと変わったものが食べられる飲食店の死角

最強すぎるデートスポットである「ちょっと変わったものが食べられる飲食店」でございますが、そんな最強のデートスポットにも欠点がないわけではございません。

その筆頭が食の好み

好み程度の問題であればまだ良いのですが、アレルギーなどがあると非常に注意をしなければなりません。

たとえば私はエビアレルギーなのでベトナム料理店に行くと、その多くの料理を食べることができないのです。

またアレルギーほど極端ではないにしても「辛いものが苦手」「魚が苦手」「パクチーは人間の食べるものではない」などのような好みの差は無視できません。

そのため「ちょっと変わったものが食べられる飲食店」に誘う際には「〇〇料理はこういう傾向があるけど、大丈夫?」と一言確認すると良いでしょう。

料理魅力注意点
タイ料理世界三大スープのトムヤムクンなど、魅力的な料理が多い。様々な海鮮が特徴。パクチー・エビ・酸味が強い
ベトナム料理あっさりしてクセがないものが多い。低カロリーなものも多く、ダイエット中にもおすすめパクチー・エビ・がっつり感が少ない
韓国料理バランスが良い。キムチの印象が強いがそこまで辛くない。馴染みがあり過ぎるので「ちょっと変わった感」があまりない。
フィリピン料理素材の味を活かした味付け。とにかく豚が美味しい。島ごとに特徴があるので、謎なものが多い
メキシコ料理唐辛子大国なだけはあり辛い料理が魅力。ただし薄味で提供され、テーブル調味料で調整するものも多い辛い
ロシア料理世界三大スープのボルシチを筆頭に、体が温まる料理が魅力。味付けは良くも悪くもシンプルビーツという根菜が多用されるので、これが苦手だと厳しい(あまりクセはない)
トルコ料理中華料理、フランス料理に並ぶ世界三大料理。西洋と東洋とイスラムを繋いだ文化の多様性はあまりにも魅力的羊肉が多い。日本人のイメージする臭みは少ないが苦手な人は苦手
ギリシャ料理世界無形文化遺産に登録されている魅力的な料理。海鮮やオリーブオイルが魅力オリーブオイルが強いのでオリーブオイルが苦手だと厳しい
アルゼンチン料理肉肉肉。とにかく肉。肉好きにはたまらないヤギの肉など日本人には馴染みのないものがあるので注意。また野菜が極めて少ないので、ヘルシー路線の女性には合わないかも……
エジプト料理豆料理が多い。アフリカとアジアの交差点として、様々な文化を取り入れている料理が特徴牛肉はほぼない
ブルガリア料理明治ブルガリアヨーグルトでおなじみのようにヨーグルトを使った料理が多い。ヨーグルトの酸味が苦手な人にはおすすめしにくい
モンゴル料理遊牧民という特性上、我々とは全く違う食文化を持っている。個性的で面白い羊肉が苦手だと厳しい。また遊牧民なので農耕系の食品(小麦・米・野菜)などの食品が基本的に弱い
チュニジア料理アフリカの国だが、文化的には地中海文化。日本ではマイナーなので「ちょっと変わったもの」感があって良い。イタリアに近いのでパスタなどもある辛い
インド料理カレーオブカレー。ただし日本人の考えるカレーとは少々異なるものが多い。ベジタリアンが非常に多い国なので、肉料理が少ないのも面白い肉はほぼチキンのみ。また日本のインドっぽいカレー屋さんはネパール人が経営していることが多い。
マレーシア料理同じアジアなのに、イメージがつかない面白さ。食の種類は非常に豊富でとても語れない。エビが入っている料理が非常に多い。アジアだがイスラム教の多い国なのでハラル食品が多い
イギリス料理色々な意味で話題に困らない。思っているよりは不味くない最近はだいぶ美味しくなって、逆にリアクションに困る

参考:世界の料理NDISHなど

上記の図はあくまでも参考程度にお考えいただければ幸いです。

ちなみに個人的には「世界三大料理」でありながら、非常にマイナーなトルコ料理がおすすめです。

羊肉が多いことだけは注意しなくてはなりませんが、世界三大料理に数えられているのは伊達ではありません。

そこそこ栄えている街であれば、1軒くらいはあるので困った際には参考にしていただければ幸いです。

食べた後ってどうすればいいの?

さて、最初のデートは「ちょっと変わったものが食べられる飲食店」で決まりなのですが、おそらくここまでお読み頂いた方の中には、このようにお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

食べた後、どうすればいいの?

と。

基本的には食事のあとはそのまま解散で良いでしょう。

食事→(バー)→ホテルと1日で勝負に出る方法もございますが、慣れないうちはこの方法に手を出さない方が賢明でございます。

ご安心くださいませ。最初のデートで失敗をしなければ、チャンスはまだまだいくらでも巡ってきます。ここで勝負に出て失敗するリスクを考えれば、初回のデートはそのまま解散にしてしまった方が良いでしょう。

ただし「次のデート」の約束は必須でございます。

次の話をして置かないと「脈なしなのかな?」と女性を不安にさせてしまいますし、終わってからまたデートに誘うのも面倒でしょう。

「次はフィリピン料理とかどうかな?」くらいの軽い誘いで問題ございませんので、必ず次のデートへの誘いを入れてくださいませ。

しかし、食事の時間はせいぜい1時間半。

決して短すぎるとは言いませんが、せっかくのデートなのだからもう少し一緒にいたいと思う気持ちはよくわかります。

ですがもしも食事以外にどこかに行きたいのであれば「食事の後」ではなく「食事の前」に行った方が良いでしょう。

人間という生き物はお腹がいっぱいになると動きが鈍くなる生き物ですし、食事の前にどこかへ行っていれば食事中の話題にもなります。

しかし合計3時間以内というルールを考えると、そこまで時間を使うことはできません。

ゲームセンター(音ゲー格ゲーを除く)やカフェ、小さめの水族館や展示会などが時間的に都合が良いでしょう。

絶対に予約しろ!!予約が不要でも予約しろ!!

週末ならともかく、平日のレストランが満席で入れないなんてことはそうそうございません。

特に今回のプランは「ちょっと変わった飲食店」に行くことが前提なので、予約をしなかったからといって席が取れない可能性はほとんどないでしょう。

 

「じゃあ、予約しなくてもいいっすよね」

 

 

 

 

 

 

ダメです。

絶対に予約をしてくださいませ。

席が取れるとか取れないとか、そんなことはどうでも良いのです。

レストランに入ったその瞬間「予約していた〇〇です」と言うために予約は絶対に必要なのです。

その一言があることで、女性がどれだけ嬉しいか理解できないようでは女性に愛されることは難しいと言わざるを得ません。

「あなたのためにちゃんと準備をしました」という姿勢が大切なのです。

ですので予約は必須。閑古鳥が鳴いていて100%座れるお店であったとしても、絶対に予約はしてくださいませ。

このセリフを言うために予約は必要。席が取れる取れないの問題ではない

1問1答 最初のデートQ&A

近くに「ちょっと変わった料理が食べられるお店」がありません!

街へ出てください

 

女性が遅刻して予約の時間に間に合わなさそうです!!

大チャンスではありませんか。お店に連絡をして予約の時間をずらしてもらいましょう。慌てずに対応できれば段取りが良い男に見せられる大チャンスです。「遅刻してくれてラッキー!」と思いましょう。

 

中華料理はダメですか?

ダメとまでは言いませんが、あまりにも日本で普及しすぎていて「ちょっと変わったもの」感がありません。ただし「ちょっと変わったもの」感があれば、日本料理でも中華料理でも問題ないでしょう。

 

強いていえば「ちょっと変わった料理が食べられるお店」以外にどんなところがオススメですか?

水族館がオススメです。ネットでは「童貞っぽい」などの悪口が言われがちですが、良いデートスポットです。また最初のデートでは「童貞っぽい」というところも「不安感」を消す良い手段でしょう。

 

映画デートが憧れなんですが、ダメですか?

その考えがダメです。映画デートがどうこうではなく「自分がしたいこと」を考えている一人よがりさに問題があります。相手も大の映画好きで見たい映画が一致しているのであれば映画デートでも良いでしょう。

 

会計は割り勘でもいいですか?

全額出した方が無難です。貰うにしても端数程度が良いでしょう。特にマッチングアプリで出会ったような相手の場合、おごり一択です。ただし奢っても絶対に驕らないように!

 

「ご飯→(バー)→ホテル」を狙いたいんですが、どうしたらいいですか?

ラブホの上野さん1巻を読みましょう。ご利用を心よりお待ちしております。

 

この方法って誰にでも使えますか?

食に興味がない女性には使えません。ただしごくごく少数なのでほぼ全ての女性に使うことができるでしょう。

 

2回目以降のデートはどうしたらいいですか?

同じ方法でもOKですが、2回目以降であれば他のデートスポットに行っても問題ありません。今回の方法はマッチングアプリで出会った女性や、プライベートではそこまで親密ではない同僚などの「まだそこまで親密ではない相手」を誘うことを想定しています。

 

ぜひこの方法を試してみたいんですが、デートに誘う女の子がいない場合、どうすればいいですか?

この方法は「そこまで親しくない女性」にも使える方法です。しかしそれすらいないのであれば、新しい趣味を初めてみたり、マッチングアプリを始めるなどで女性を探すと良いでしょう。

 

というわけでマッチングアプリを始めようとお考えの方はマッチングアプリナビでご自身にあったマッチングアプリをお選びくださいませ。

また女性の方には言いにくいお話で御座いますが、今回の方法を「身近な女性に試してみたい」とお考えの方も、いきなり本命の女性で挑戦するのではなく、経験として別の女性とこの方法でデートをすることを強くオススメさせて頂きます。

「試し」と言うと聞こえは悪いですが、そもそも普通の男女は特に恋人目的ではなくても気軽にデートをするもので御座います。

あまり恋愛に縁のない方からすると理解に苦しむ話かもしれませんが、これは紛れもない事実でしょう。

ですので気軽な気持ちで女性をデートに誘えるようになるためにも、本命の前に何度かデートを試すことを強くオススメさせて頂きます。

またマッチングアプリをお選びになる際には危険な出会い系アプリ使ってない?をお読み頂き、くれぐれも変なマッチングアプリを選ばぬようご注意くださいませ。

参考 【2019年5月】危険な出会い系アプリ・サイト使ってない?最優秀出会いアプリ6選!|目的別・年齢別!マッチングアプリなび | 人気マッチングアプリの口コミ・比較サイト

1 Comment

アバター 匿名

いつも楽しく読ませていただいています。最後の予約が不要でも予約を!には女性として非常に共感しました。

私は上野さんが挙げた、ちょっと変わった料理はどれも苦手なのですが、非日常ときう意味では、ホテルの期間限定の◯◯ビュッフェなどもアリかと思いました。

一人3〜4千円ですし、ちょっと変わった、かつ美味しくて可愛いメニューが並ぶので、女性としては嬉しいと思います。
味も良ければ、次の期間限定メニューの時も来ようよ、とお誘いもできるな〜と。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.