ラブホの上野さん最新8巻発売開始!

「好きになってくれた人が好き」とは口が裂けても言うべきではない

魅力的な女性からアプローチされてもなびかない

おそらく今回の彼氏様はあまり魅力で人を判断しないタイプの方なのでしょう。

「美人だから付き合いたい」とか「若いから付き合いたい」というような感覚が普通の人と比較して希薄なのです。

それでは彼が何を重視しているかと言えば「時間」の方で御座います。

仮に彼氏様から見たご質問者様の魅力を10とすると、芸能人でもせいぜい20程度しか感じないのです。

つまり誰を選んでも大差がない。

そういう意味ではご質問者様の仰る通り「じゃあ好きになってくれる人なら私でなくてもいいのでは?」と言っても過言ではありません。

しかし、それでは彼氏様が今後、魅力的な女性から好意を持たれたとして簡単になびいてしまうかと言えば話は別。

仮に魅力度20の女性からアプローチをされたとしても、その女性と彼氏様は時間を全然共有していないのです。一方でご質問者様は彼氏様と膨大な時間を過ごしている。

魅力度だけで比べれば負けていたとしても、それに時間をかけた「好意」ではまず負けることは御座いません。

無論、今後ご質問者様と彼氏様の時間が「マイナス」になってしまうようなことがあれば話は別ですが、きちんと良い思い出を一緒に積み重ねていれば、ポンっと出てきたばかりの女性に負けるようなことは決してないでしょう。

むしろ、今回の彼氏様のような方は魅力で人をあまり判断しない分、普通の男性よりも浮気等の可能性が低いとすら考えられます。

魅力と時間の公式

時間と魅力をかけたものが好意という説明をさせて頂きましたが、この方程式には個人差が御座います。

【1】サイコパス型「好意=魅力」

「思い出?何それ?」なヤバい人。人への執着心がない。

【2】執着型「好意=魅力×時間×時間」

一緒にいる時間でぐんぐん好意が上がるタイプ。よく言えば愛が深い人。悪く言えば執着心が多すぎる人。

【3】一目惚れ型「好意=魅力×魅力×時間」

相手の魅力に敏感に反応してしまうタイプ。魅力の影響が大きい。

【4】博愛型「好意=時間」

ある意味平等主義者。これはこれでヤバい。

 

多少の個人差は御座いますが【1】と【4】を除けば、どのタイプでも「時間」と「魅力」の両方が重要であることをご理解いただければ幸いです。そして幸運なことに【1】と【4】は現実にはほとんど存在いたしません。

本当のことを言えばいいってもんじゃない

ここまでお読み頂いた方の中には「私が彼氏様を擁護している」とお考えになった方もいらっしゃるかもしれません。

しかしどうかご安心くださいませ。

今回の件に関して言えば、私は彼氏様を擁護するつもりは全く御座いません。ここまでの回答はご質問者様のお悩みを解決するためのものであり、彼氏様を擁護する気はさらさらないのです。

おそらく「好きになってくれた人がタイプ」という彼氏様の発言は事実でしょう。

そしてそれが簡単に乗り換えてしまう訳ではないということもまた間違いありません。

しかし、仮にそれが事実だったとして、それを発言することが正しいと私は全く思いません。

現実問題として、ご質問者様はこうしてお悩みになってしまっているのです。

そしてあんな風に言われてしまったら、ご質問者様に限らずほぼ全ての方がご質問者様と同じように悩むことでしょう。

人は誰だって選ばれたいのです。

他の誰でもない自分のことを愛して欲しいのです。

だからこそ、たとえ真意は違ったとしても「誰もいい」と捉えられかねないような発言は決してするべきではないのです。

たとえ相手のことを選んで愛していたとしても、相手を不安にさせるような発言は決してするべきではありません。

おそらく彼氏様はご質問者様のことを誰よりも好意的に見ているとは思いますが、如何せん配慮が足りませんでした。

この出来事が「マイナスの時間」として好意に影響を与えないことを強く願います。

6 Comments

匿名

「なんでもいいよ」ってよくいう人いるけど、人付き合いにおいてのこの言葉は優しさでなく迷惑でしかないですもんね。

返信する
理央

サイコパス型と一目惚れ型の違いがよく分かりませんでした。共に過ごした時間ですか?
そもそもサイコパス型とは、どのような人のことなのか具体的に教えていただきたいです。

返信する
ある

質問を読む限り誤解があるように見えます。
記事の内容は「サイコパスは思い出に価値を見出さない」では無く。
「思い出に価値を見出さない人も稀にいる、これをサイコパス型と名付ける」です。

つまり、この記事内でのサイコパス型とは
『「好意=魅力」
「思い出?何それ?」なヤバい人。人への執着心がない。』
という意味であり、それ以上の意味は無いはずです。

返信する
早く春になれ

いつも楽しくなるほど!と読ませていただいてますが、今回はあまり納得がいかなかったので、コメントしてみます。
私も好きになってくれた人が好きですが、過ごした時間は大して関係なく、恋人たる条件が「自分を好きであること」(人によっては最低限の清潔感はあることなどにあたる部分)であり、今お付き合いしている方よりも魅力的な「私を好きな人」がいたら、正直なびくと思います。
もちろん、一概には言えないと思いますが、自分が何よりも一番好きで、その「一番好きな自分を好いてくれている相手」が好きで付き合っているという非常に自己愛が強くある結果、「自分のことを好きな人が好き」という人間もいるかと。
レアケースなんでしょうか。

返信する
匿名

あなたの価値観がレアケースかどうかは分かりませんが、日本人口だけでも1.2億いるのですからそのような考えの方がいても決しておかしくはないでしょうし、自分の事が好きでいられるだけの魅力を持っているというのはとても素晴らしいことだと思います。
自分に魅力があるのかも分からず好きでも嫌いでもない平々凡々の私としては、少し羨ましいほどです。

ただ、あなたのようなケースを取り上げて「こういう人もいますから彼氏さんも結構簡単になびいてしまうかも知れませんね」と上野さんが質問者さんにアドバイスをした方が良かったかと言われると、それはちょっとどうかな…と感じてしまいます。

今回は質問者さんに寄り添った結果として、このような回答になったのではないでしょうか?
いつも私たちにも分かりやすく共感しやすいように言葉を選んでくださっているので私もつい忘れがちになりますが、あくまでもこれは上野さんと質問者さんとのやりとりで、我々は外側から会話を聞いている第三者にしか過ぎません。

別に上野さんはあなたのようなタイプを無視しているわけではないと思いますよ。
「こういうタイプもいる」「ああいうケースもある」と言い出してしまってはキリがありませんしね。
これがもしあなたから送られてきた相談だったのなら、また違った回答になっていたのかも知れませんね。

まぁそれはそれとしてこの彼氏さんは草食系で受け身なタイプのようですし、自分の魅力に気付けているあなたとは真反対の人物像をイメージした私としては、あなたが納得いかないことこそが今回のアドバイスが的を射ているものだったというものの証明に感じています。
長文失礼しました。

返信する
匿名

レアケースも何も、過ごした時間が関係無いタイプはサイコパス型と言う形で言及されているかと

結論への過程を書いてる辺り、「考えがあるからサイコパス型とは違う。これはレアケースだ」という事かもしれませんが結論が同じなら過程は割と大差無い気がします。少なくとも過ごした時間で情が湧かないというのは私から見ればサイコパス感ありますね

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.