ラブホの上野さん全9巻好評発売中

「好きになってくれた人が好き」とは口が裂けても言うべきではない

【ご質問】

彼氏の発言でどうしても気になってしまうことがあったので、質問させていただきました。

私は30歳女で、付き合って半年程になる5歳年上の恋人がいます。

趣味の婚活パーティーで知り合い交際に至り、価値観も合いそれなりに順調なお付き合いができていると思っています。

そんな中、彼氏の言葉で気になったのが「(恋愛において)自分を好きになってくれる人が好き」という言葉です。

確かに人間関係において自分を好いてくれる人と仲良くしたいというのは当然のことだと思います。

ですが、恋愛において仮にも彼女の立場の人間としてそれを言われると、「じゃあ好きになってくれる人なら私でなくてもいいのでは?」と考えてしまいました。

勿論彼氏のことは好きですが、いわゆる草食系で受け身なタイプの男性なのと、私の自信の無さが相まって、「もっと魅力的で情熱的な女性が現れてアプローチされたらそちらに行ってしまうのではないか」「もし倦怠期などで私の感情の温度が冷めてしまったときに引き留めてくれないのではないか」と悪い想像をすると同時に、上手く言葉にできないのですが苛立ちのような感情も覚えました。

この「自分を好きになってくれる人が好き」という言葉を私はどう捉えたらいいのでしょうか?

また、恋愛においてこういったことを言う男性は客観的に見てどうでしょうか?

アドバイス頂けましたら幸いです。

【回答】

ご質問誠に有難う御座います。

人が人を好きになるためには、大きく2つの要素があると私は考えています。

1つ目は魅力。

顔が良い。

性格が良い。

年収が良い。

相性が良い。

一般的に「好きな人のタイプは?」と聞かれた場合に回答する内容の多くは「魅力」に分類されます。

そして2つ目は時間。

正確に言えば「時間の共有」となるのですが、これは「どれだけ同じ時間一緒に過ごしたか」と言うことで御座います。

例えば今恋人がいる方に考えて頂きたいのですが、自分の彼氏と福山雅治さんで比較するとどちらの方が魅力的でしょうか?

単純に魅力だけを考えれば、どう考えたってほとんどの場合、福山雅治さんの方が魅力的でしょう。

恋は盲目ということで「私の彼氏の方が魅力的です!」と考えてしまう方もいらっしゃるかも知れませんが、まだ今の彼氏と付き合う前に福山雅治さんと今の彼氏様の2人から同時に告白されたとして、今の彼氏様を選ぶ方は極めて少数であるのは間違いありません。

しかし、それでは今の彼氏様と福山雅治さんのどちらの方が好きか?と聞かれれば多くの方は回答が変わるのではないでしょうか?

魅力度は福山雅治さんの方が上だけど、好きなのは今の彼氏。

もちろん彼氏様との関係が順調ではない方もいらっしゃるかとは思いますが、恋愛が順調な方は概ね今の彼氏様の方が好きとお考えになるものでしょう。

これは皆様が福山雅治さんと「時間の共有」をほとんど行なっていないからに他なりません。

好意というのは「魅力」と「時間」の2つの掛け算で決まるのです。

福山雅治さんは魅力度に関して言えば我々の数倍上をいきますが、時間をほとんど共有していない。

一方で今の彼氏様は魅力だけを見れば福山雅治さんに大きく劣るものの、時間を非常に多く共有している。

便宜上、福山雅治さんの魅力を100、彼氏様の魅力を10としてみましょう。

すると福山雅治さんへの好意は

100(魅力大)×1(時間小)=100

彼氏様への好意は

10(魅力並)×100(時間膨大)=1000

というようになり、彼氏様への好意の方が大きくなるのです。

ここで重要なのは魅力と時間の幅の差で御座います。

確かに福山雅治さんは人間的に物凄く魅力的で御座いますが、普通の人の100倍の魅力度を持っているかと言えばやや疑問が残ります。我々よりもはるかに魅力的なのは間違いありませんが、福山雅治さんとは言え所詮は人間で御座います。

人間の個々人の差なんてそこまで大きなものでは御座いません。

世界一足の速いウサインボルト選手ですら、足の速さでは私の倍にも満たないのです。

 

一方で時間はいとも簡単に100倍200倍という数字を叩き出すことが出来るでしょう。

例えば1日丸々恋人と過ごしたら、それだけで1440分。

これだけで10分しか会っていない方の144倍も時間をともに過ごしているのです。

月に1度2時間飲む友人と、毎日8時間一緒に過ごしている恋人を比較したら120倍もの時間の差が生まれるのです。

確かに魅力が0であったり、それこそマイナスであったら論外では御座いますが、魅力度が最低限あるのであれば、魅力度よりも時間の方が好意に大きな影響を与えることがご理解いただけることと思います。

時間について

今回は分かりやすく時間という言葉を使いましたが、より正確に言うと「思い出」という言葉の方が適切でしょう。

つまり一緒にどれだけ良い思い出を残せたか、ということ。

良い思い出がなければ何年一緒にいても好意は上がりませんし、それどころか悪い思い出はマイナスの数字になってしまうことにご注意くださいませ。

7 Comments

匿名

「なんでもいいよ」ってよくいう人いるけど、人付き合いにおいてのこの言葉は優しさでなく迷惑でしかないですもんね。

返信する
理央

サイコパス型と一目惚れ型の違いがよく分かりませんでした。共に過ごした時間ですか?
そもそもサイコパス型とは、どのような人のことなのか具体的に教えていただきたいです。

返信する
ある

質問を読む限り誤解があるように見えます。
記事の内容は「サイコパスは思い出に価値を見出さない」では無く。
「思い出に価値を見出さない人も稀にいる、これをサイコパス型と名付ける」です。

つまり、この記事内でのサイコパス型とは
『「好意=魅力」
「思い出?何それ?」なヤバい人。人への執着心がない。』
という意味であり、それ以上の意味は無いはずです。

返信する
早く春になれ

いつも楽しくなるほど!と読ませていただいてますが、今回はあまり納得がいかなかったので、コメントしてみます。
私も好きになってくれた人が好きですが、過ごした時間は大して関係なく、恋人たる条件が「自分を好きであること」(人によっては最低限の清潔感はあることなどにあたる部分)であり、今お付き合いしている方よりも魅力的な「私を好きな人」がいたら、正直なびくと思います。
もちろん、一概には言えないと思いますが、自分が何よりも一番好きで、その「一番好きな自分を好いてくれている相手」が好きで付き合っているという非常に自己愛が強くある結果、「自分のことを好きな人が好き」という人間もいるかと。
レアケースなんでしょうか。

返信する
匿名

あなたの価値観がレアケースかどうかは分かりませんが、日本人口だけでも1.2億いるのですからそのような考えの方がいても決しておかしくはないでしょうし、自分の事が好きでいられるだけの魅力を持っているというのはとても素晴らしいことだと思います。
自分に魅力があるのかも分からず好きでも嫌いでもない平々凡々の私としては、少し羨ましいほどです。

ただ、あなたのようなケースを取り上げて「こういう人もいますから彼氏さんも結構簡単になびいてしまうかも知れませんね」と上野さんが質問者さんにアドバイスをした方が良かったかと言われると、それはちょっとどうかな…と感じてしまいます。

今回は質問者さんに寄り添った結果として、このような回答になったのではないでしょうか?
いつも私たちにも分かりやすく共感しやすいように言葉を選んでくださっているので私もつい忘れがちになりますが、あくまでもこれは上野さんと質問者さんとのやりとりで、我々は外側から会話を聞いている第三者にしか過ぎません。

別に上野さんはあなたのようなタイプを無視しているわけではないと思いますよ。
「こういうタイプもいる」「ああいうケースもある」と言い出してしまってはキリがありませんしね。
これがもしあなたから送られてきた相談だったのなら、また違った回答になっていたのかも知れませんね。

まぁそれはそれとしてこの彼氏さんは草食系で受け身なタイプのようですし、自分の魅力に気付けているあなたとは真反対の人物像をイメージした私としては、あなたが納得いかないことこそが今回のアドバイスが的を射ているものだったというものの証明に感じています。
長文失礼しました。

返信する
匿名

レアケースも何も、過ごした時間が関係無いタイプはサイコパス型と言う形で言及されているかと

結論への過程を書いてる辺り、「考えがあるからサイコパス型とは違う。これはレアケースだ」という事かもしれませんが結論が同じなら過程は割と大差無い気がします。少なくとも過ごした時間で情が湧かないというのは私から見ればサイコパス感ありますね

返信する
匿名

いつも興味深い記事を拝読させていただいています。私は20代男で、今回の記事にある「好きになってくれた人が好き」なタイプの人間です。なので、参考になればと思い私個人の心理を述べさせていただきます。私が恋愛において何より嫌うのが、自分の気持ちだけが一方通行な状況です。自分は相手の事が好き。相手はそんな自分の好意に応えて付き合って”あげてる”というような状況が最もつらいのです。なので、そうならないためにと心の中で思っているからなのかなのか、自分を好きになってくれた人とだけ付き合うようになってしまいました。もっと言うと、自分から告白は絶対にせず、告白してくれた人とだけ付き合う。自分の中でいつのまにかこんなルールができていました。自分の事を好きでいてくれている人こそとても魅力を感じますし、選んでくれたという嬉しさや感謝の気持ちからか、自分もそんな相手を本気で好きになります。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.