ラブホの上野さん最新8巻発売開始!

卑下と謙遜の違い

褒められたらどうするべきか?

私の振る舞いは、周りからは「変わっている」とよく言われます。

上野さんや、またコラムを見てくださっている方からどう思われるのかを知りたくなり、質問させていただきました。

その変わっている振る舞いとは、「人に褒められたら絶対謙遜しないこと」です。

理由は、それが周りとの関係を良くするために、効率的だと思っているからです。

「人を褒める」という行為は、「相手との関係、またはその場の環境を良くしたい」という思いから来ていると、私は考えています。
※お世辞だろうとそうでなかろうと。

そんな相手に対して謙遜をするのは、相手の「良くしたい」という思いを、踏み潰してその辺に捨てることと同じなのではないか、と思っています。

謙遜は行き過ぎると自虐になりますし、自虐になれば、相手は「フォローしなくちゃ」という思いが生まれ、負担になるでしょうから、謙遜から得られるものは何もないと思うのです。

ですので、相手に褒められたときには、謙遜せずに、素直にお礼を言うように心がけています。

この考え方や振る舞いは、やはり変わっているのでしょうか。

また、可愛げがないとか、打算的とか、そういう意見もあれば言っていただきたいです。

 

 

謙遜と卑下は全く違う

ご質問誠に有難うございます。

今回のご質問者様は自身の対応のことを「謙遜しない」と仰っておりますが、文脈から察するご質問文で使用されている「謙遜」は「卑下」に近いものであると私は思いました。

卑下というのは自分の位置を下げて相手を立てる行為で御座いますが、これはご質問者様の仰る通り何も生み出さないと私も思います。

しかし「卑下」と「謙遜」は何が違うのか、ということはなかなか難しい問題であり言葉で表現することが出来ない方も多いのではないでしょうか?

今回はその2つに「傲慢」と「謙虚」を加えた4つの対応がそれぞれどのようなものなのかということを解説させて頂きたく思います。

ちなみにご質問者様が普段されている対応は、この4つの分類で考えると「謙虚」でしょう。

褒める

4つの対応を考える前に、そもそも褒めるという行為についての構造を考えてみましょう。

もちろん一言で「褒める」と言っても様々な意味が御座いますが、今回は相手との関係性というところにのみ焦点を当ててお話させて頂きます。

さて、相手との関係性という観点から「褒める」という行為を捉えてみると、これは「相手の位置を上げる行為」と言えるでしょう。

相手の能力や成果を評価して相手の位置を上げる行為、これが関係性という観点から見た「褒める」で御座います。

傲慢

それでは「褒める」の簡単な説明が終わったところで「傲慢」について考えてみましょう。

傲慢は相手の褒めるによって上がった位置をさらに必要以上に上げる対応で御座います。

またこれと同時に褒めてくれた相手や、全く第三者を否定してさらに自分の位置を上げようとする方もいらっしゃいます。

いずれにしても必要以上に自分の位置を上げようとする行為であり、相手に不快感も抱かせてしまうので避けるべき対応であると言えるでしょう。

卑下

次に「卑下」

これは傲慢とは逆で必要以上に自分のことを下げる対応のことで御座います。

卑下をした場合、自分の位置が下がるので相対的には褒める側の位置が上がります。そのため謙遜と混同しやすいのですが、褒めた側の位置が上がっているのではなく褒められた側が勝手に下がっているだけ、ということに気をつけなければなりません。

それどころか褒められた際に卑下をすると、それは同時に「褒めた人間」も少なからず否定することになってしまうとすら言えるでしょう。

控えめな態度と言えば聞こえは良いですが卑下をするということは「相手が褒めた物を否定する」ということに他なりません。

例えばこんな状況を考えてみましょう。

Aさん

「ラブホの上野さん」って漫画、凄く面白いよね!
は? あの漫画ゴミじゃん

Bさん

このような会話であれば、Bさんの発言は明確にAさんが褒めた物を否定しているとご理解頂けることでしょう。

状況にもよりますが一般的にBさんのような対応は歓迎されませんし、

卑下の構造はこのような会話と変わりません。

Aさん

Bさんって人、凄く面白いよね!
は? あの人ゴミじゃん

Bさん

卑下をする方は言葉遣いこそ丁寧ですが、内容的にはこのような対応をしていると言えるでしょう。

自分の価値を下げているのは勿論ですが、自分のことを肯定した方の発言までも否定する。ご質問者様の仰る通りあまり建設的ではない対応であると私は思います。

謙虚

謙虚の意味を考えるのは少々難しいところですが、謙虚の「虚」という字に謙虚の本質があるのではないかと私は思います。

虚という漢字は「空虚」や「虚無」などの熟語で使われていることからも分かるように「なにもない」という意味合いを持っている漢字で御座います。

それではこの「なにもない」という意味合いの漢字が一体どうして「謙虚」という言葉を生み出したのでしょうか。

「なにもない」というのは準備をしていない(虚を突く、など)や価値がない(空虚、など)などの意味も御座いますが、それと同時に「偏った思い込みや驕りがない」という意味でもあるのです。

これが転じて虚には「素直(虚心坦懐など)」という意味が生まれました。

つまり謙虚の虚は「素直」という意味なのです。

相手からの褒め言葉に驕ることも卑下することもなく素直に受け取る。

これこそが「謙虚」といえるでしょう。

謙遜

最後に「謙遜」ですが、謙も遜も「他人を敬い控えめな態度を取る」という意味で御座います。

確かに「自分を低くする」という意味合いもあるのですが、卑下のように自分を下げてしまったら「他人を敬う」という謙遜の本質から外れてしまうのは避けられません。

それでは謙遜とはどのような態度のことを言うのか。

私は「褒め言葉を素直に受け入れた上で、相手のことを尊敬する」という形こそが謙遜であると考えます。

つまり褒められたことで上がった量以上に相手のことを尊敬するという構造です。

傲慢・卑下・謙虚・謙遜

それでは4つの対応をまとめてみましょう。

今回は分かりやすく数字を使用させて頂きましたが、あくまでもイメージを捉えるための例としてお考え頂ければ幸いです。

AさんBさん
スタート時100100
褒めた時110100

対等な相手から褒められた場合を考えてみましょう。

スタート時のお互いの位置は100。ここでBさんがAさんのことを褒めたことにより、Aさんの位置が110に上がりました。

それでは4つの対応をした場合、それぞれの位置関係がどうなるか。

AさんBさん
傲慢30090
卑下8090
謙虚110100
謙遜110120

このようになります。

ここで注目すべきポイントは謙遜と卑下の差でしょう。

どちらも「B(褒めた側)が10多い」という点では関係性が同じなのです。しかしAもBも数字が増えている謙遜に対して、卑下はAもBも数字が減っているということが重要でしょう。

謙遜は2人とも得をしていますが、卑下は2人とも損をしているのです。関係性から見ると「10」で共通なので気が付きにくいですが、圧倒的に謙遜のほうが建設的であり良好なの対応であることがご理解いただけることと思います。

相手の謙遜前提の褒めは恐喝みたいなもの

残念ながら世の中にはご質問者様のように謙虚な方のことを嫌う方がいらっしゃいます。

そういった方は相手を褒める気などサラサラ無く、たとえ10であったとしても相手上に立つのが嫌なのです。相手が謙遜か卑下をして自分が上に立つことを前提した褒めであると言えるでしょう。

「いえいえ私なんてまだまだ……」「〇〇さんには及びません」「〇〇さんのおかげです」というような言葉を相手に言わせることで自分が褒められたいのです。相手からの褒め言葉を引き出しながら度量が大きいふりをする。もはやこれは褒めの恐喝としか言えません。

ですので、謙遜をしなかったくらいで怒り出すような方は相手にしないのが1番なのですが、現実的にはそういう面倒な輩を相手にしなければならないときもあるでしょう。

そういった際には、無駄なプライドで揉めるのも得がありませんので「いえいえ私なんて」と言っておいた方が良いと思います。

しかし、そのような「褒め強盗」ではない方から褒めて頂いた際には、相手のことを否定しないためにも決して卑下をしてはいけません。

もちろんご質問者様のように謙虚な態度で対応しても良いのですが、もしも余裕があれば謙虚に感謝をした上で相手のことを肯定する「謙遜」が出来るようになると尚良いでしょう。

 

最後にご質問に回答をさせて頂きます。

ご質問者様のような対応は「可愛げがない」「打算的」と思われてしまうかどうか、というご質問ですが私は決して可愛げがないとも打算的とも思いません。

まず謙虚な態度は「素直」ですので非常に可愛らしい態度であると言えるでしょう。むしろこちらが褒めているのに妙な自虐を始める方のほうがはるかに可愛げがありません。

次に打算的かどうかということですが、これもまたやはり全く打算的だとは思いません。

褒められて素直に喜んでいるだけなのです。良くも悪くも打算の欠片もない自然な対応でしょう。むしろ卑下をする方の方が「失敗したときの保険をかけているな」と感じるので打算的であると感じます。

 

ただ残念ながら日本においては「卑下」をする方が多いので、ご質問者様のように「謙虚」な方が少数派であることは否めません。

特に女性はその傾向が顕著でしょう。これは女性が悪いと言うよりも謙虚な態度すら許さない「褒め強盗」が男性に多いからという理由であることは否めません。彼らは女性に対して「卑下」を強要するので、どうしても女性は卑下をする方が多いのです(女性の方が保険をかけたがるという理由もある)。

「変わっている」というのは、ほとんどそのまま「少数派」という意味で御座います。ですのでご質問者様のように「謙虚な女性」は少数派ですので、ご質問者様は「変わっている」と言われてしまっても仕方がないでしょう。

しかしその「変わっている」が悪いことだとは少しも思いません。むしろ「卑下」という誰も得をしてしまう方が少しでも減って、より建設的な社会になれば良いなと私は思います。

そのためには「褒め強盗」が減らなくてはなりませんが……

 

2 Comments

コミュ障検定3段

私も褒めていただいたときは「ありがとう」って返してました
素敵な友達からお礼を言われたときに嬉しかったので見習ったんですよね
でもなぜか評判が悪くて(笑)
実はほとんどの人は倍返しの褒め言葉を望んでたようでした(周囲がまともじゃないのか?!)
今は卑下する対応をしていますが、そういうことがあったので上野さんの回答にすっきりしました

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA