ラブホの上野さん最新8巻発売開始!

自己評価の低い女性がクズな男に嵌まる理由

女性は自己評価が低い

今回の問題を考える上では、まず「そもそもどうして自己評価が低くなるのか」ということを考えなくてはなりません。

そもそも男性と比較して女性は極めて自己評価が低いのです。このことを示す統計データはいくつも御座いますが、その中の1つをご紹介させて頂きましょう。

これは男性と女性に10点満点のテストを受けてもらい、テストが終わった後に「あなたは何点くらいだと思いますか?」と質問を男女にするという実験のデータで御座います。

予想点数実際の点数
男性7.17.9
女性5.87.5

※デイヴィッド・ダニング ジョイズ・アーリンガー著 “Why People Fail to Recognize Their Own Incompetence”より引用

女性の方が自己評価が低いという統計については下記書籍参照

※統計データなどの参考としては優れた本。ただし「女性は自信を持たなくてはいけない」という思想が強すぎるので個人的にはオススメ致しません。手段(自信を持つ)と目的(幸せになる)が入れ替わっていると感じました。

このように男女ともに実際の点数よりも低い点数で予想はしているものの、男性の差が0.8であるのに対して女性は1.7。女性の方が2倍ほど低い点数であると予想をしているのです。

一体どうして男女でここまで大きな差が生まれるのでしょうか?

メスは生き残るために生きている

全ての生物は子孫を残すために存在していると言っても過言ではありません。

もちろんそれ以外の目的が無いというわけでは御座いませんが、生物にとって最も重要な目的が「子孫を残す」であることは間違いないでしょう。逆に言えば「子孫を残す」ということを目的にしなかった生物は、これまでの歴史の中のどこかで絶滅をしてしまったのです。

さて、人間も生物の一種である以上、基本的にはその原則から逃れることは出来ません。

ですので、私達のDNAの中には間違いなく「いかにして多くの子孫を残せるか」という仕組みが刻み込まれているのです。

ここでオスとメスの生殖における役割の違いが重要になるでしょう。

人間のメスはどれだけ頑張って頑張っても1年間に1人程度の子孫しか残すことが出来ませんし、一生の中で残すことの出来る子孫には限りが御座います。

一方で人間のオスはモテさえすればほとんどいくらでも子孫を残すことが可能でしょう。モロッコ王ムーレイ・イスマイルは888人の子供がいたと言われておりますし、近年でもスワジランド王ソブーザ2世は600人の子供がいたとされています。多すぎて正確な数字は分かっていませんが……

そしてこの違いはオスとメスの生存戦略において重要な違いを生み出します。

法や倫理を無視すれば、オスにとって最適な生存戦略は「とにかくたくさんのメスを抱く」となるでしょう。生まれた後の子供の世話をする暇があったら、別のメスを口説いていたほうが効率が良いのです。

一方でメスは何人のオスから求められても産めるのは1人だけ。それならばより良いオスを吟味して妊娠をし、また生まれた子供を出来る限り安全に育てることが重要なのです。

つまり、オスは「何人のメスを口説いたか」という「成功の数」でその優位性が決まり「何回口説くのに失敗したか」ということは優位性にほとんど影響を与えません。逆にメスは1度の失敗によるリスクが大きいので「どれだけ失敗をしないのか」ということが優位性において重要になるでしょう

またこの違いは自分の生死についても男女で大きな違いを生み出します。

オスはメスを妊娠さえさせてしまえばその後自分が死んでも子孫は残りますが、メスは自分の死がそのまま子孫の死に直結します。

そのためオスはメスと比較すると長生きをしなければいけない理由があまりありません。このことは現代の男女の差でもよく現れています。

健康志向は女性に多い特徴ですし、世界中の男女の自殺者が「男3:女1」である要因の1つも男性の生への執着心の無さが関係していると考えられます。

また平均寿命が基本的に女性の方が長いのも「生物学的にメスの方が長生きをする必要があったから」と考えるべきでしょう。女性の方が長生きをする必要があったからこそ、女性の方が病気になりにくく、健康的な仕組みになっているのです。女性の方が体重が落ちにくいのも、これが原因の1つ。長生きをするためには低コストであることが重要。つまり女性の肉体のほうがカロリーを消費しないのです。

ちなみにこの傾向は人間以外の動物でもほぼ全てに当てはまります。例えばネコはオスの平均寿命が8.7歳であるのに対しメスは11.1歳。人間の比率に換算すれば男性87歳、女性111歳みたいなものですから、かなりの差が存在すると言えるでしょう。

結婚とは
この章では「法や倫理を無視すれば、とにかくたくさんメスを抱くのが最適解」と書かせていただきましたが、これに黙っていないのがモテない男。結婚とはモテる男に女が集中しないための制度であると私は考えています。詳細は下記コラムで。 【お悩み相談第23回】どうして「長く付き合う」ことが良いのか

楽観主義のメスは死ぬ

科学や文明が発達した現代であればまだしも、まだまだ文明が発達していない時代において楽観主義は寿命を大きく縮める要因だったことでしょう。

知らない山なのに「まぁなんとかなるでしょ」と言って遭難して死亡。

「たぶん熊とかいないよ」と言って、熊に遭遇し死亡。

「美味しそうだよ」と言って、フグを食べて死亡。

「この方法を試したい」と言って、新種の稲で失敗して餓死。

「あのへんに魚いそう!」と言って、溺れて死亡。

他にも色々考えられますが、文明が発達していない時代において「新しいことに挑戦してみよう!」という感情は完全に死亡フラグなのです。

ですので死なないためには出来る限り新しいことに挑戦しないのは勿論、それ以外にも出来る限り「不安である」ということが重要であったと私は考えます。

ほんの些細な変化も見逃さずに「もしかして、これは危険なのではないか」と不安になる。どれだけ万全を期しても「まだ何かダメなところがあるのではないか」と不安になる。

そういった「安全へのあくなき渇望」が無ければ、文明の発達していない人間などすぐに死んでしまうのです。

しかし一方で「このキノコ食べられるんじゃない?」というような楽観主義者がいなければ、文明が発達しないのも事実。

つまり生き残るための生存戦略として最も優れているのは「危ない仕事を人にさせて、自分は徹底的に保身に走る」という戦略なのです。

現代の会社のほとんどもそうでしょう。

最終的に出世をするのは新事業を立ち上げた人間ではなく、1度も失敗をしなかった人間なのです。新事業を立ち上げる人間がいなければ会社はジリ貧で倒産してしまいますが、その仕事は自分以外の誰かにさせる、というのが組織で生き残る極めて効果的な戦略です。

人類はこれを男女の分業でこなしてきました。

危ない仕事は男性の仕事。

安全な仕事は女性の仕事。

これは女性をバカにしているわけではありません。生物学的にはオスの命の価値はメスのそれよりはるかに軽いのです。危険な仕事は命の軽いオスがやるのが道理でしょう。

何故ならばオスが2,3匹死んだところで生まれる子供の数は変わらないのに対して、メスの死亡は子供の数に直接結びついてしまうからです。オスが多少死のうとも、メスの数さえ揃っていれば1匹のオスがたくさんのメスを妊娠させるので子供の数は減りません。

ちなみに余談になりますが、日本の平均寿命が長らく世界で1位なのはこの「不安症」が原因であると私は考えています。

イギリスの大学機関の研究でも「神経質」が寿命を延ばす要因になるという統計は発表されていますが、神経質だったり不安症な人のほうが長生きする傾向にあると言えるでしょう。

日本人は世界で最も不安になりやすい遺伝子を持っているという説も御座いますが、これは医療に対しての統計データからも読み取ることが可能です。

医療技術や医療制度も勿論関係していますが、日本人の医療に対する統計としては以下のようなものが挙げられます。

  • 受診率は世界トップ(世界一病院を使っている)
  • 病院を必要以上に利用しているという感覚は中位
  • 病院への満足度は極めて低い
  • 医師への信頼も極めて低い
  • 医療制度への不満は極めて高い

日本人はなぜ医療に満足できないのか参照

悪意をもって簡単にまとめると「世界で最も病院を利用しているくせに、病院を使いすぎているという自覚は全然ない。それだけ使っていながら、病院への不満は極めて高く、医者のことも全然信用していない。そして諸問題はあるとは言え、ホームセンターで「抜歯セット」を売るほど虫歯治療費の高いアメリカよりも医療制度に不満がある」ということ。

どう考えても「楽観主義」の真逆でしょう。この悲観主義こそが日本人の平均寿命をここまで伸ばした要因であるのではないかと私は思います。良いか悪いかは別にして。

さらに投資の世界においても日本人は「保身主義」であると感じます。

この点については「投資家が「お金」よりも大切にしていること 藤野英人著」という本で詳しく語られています。私はあまり本をオススメしませんが、この本はオススメさせて頂きたいので宜しければ是非お読み下さいませ。

10 Comments

宇佐うさこ

上野様、はじめまして。広島で婚活コンサルタントを営んでおります、宇佐うさこと申します。
いつも、上野様の深い人間観察、他分野にわたる造詣の深さに、感銘をうけている一人でございます。

今回の記事も、とても興味深く拝見させていただきました。

実際にクライアント様でも、学歴高く、仕事熱心で、容姿がよくても、自己否定が強いことが一番のネックになっている女性は多いです。
そういった方の場合、やはりきちんとした男性に好意を持たれたとしても
「おかしいんじゃない?他にもっといい女の人いるし」思って逃げてしまいます。

そのため、私も、お相手をご紹介する前に、自己肯定感をあげるワークなども取り入れています。

しかしながら、ダメ男にひっかかることもないですが、「旦那さんにするにはうってつけ」の男性に、恋心を持てず、かといって「旦那にするならいいよね!」と割り切れもしない彼女たちです。
上野様の論理でいいますと、0.0000001%の死ぬ確率を感じているということでしょうか。
上野様のご回答にもありましたように、女性が「自分が必要とされる理由」というのを、男性側に提案してみようと思います。

返信する
NY

逆に自己評価の低い女性に対して男性がしてあげられる事って何なんでしょうか?
自分には地道にアタックし続ける事しか思いつきません。

返信する
匿名

今回のような自己否定の強い女性を口説く時にアプローチをする場合は「お願い」をすれば良いということでしょうか、誉めたりするのはあまり効果がないのでしょうか、他に良い方法があるなら是非教えて下さい。

返信する
31歳男性

非常に納得です。自己評価の低い子たちに、尽くした感を味あわせることは重要ですね。兼ねてより上野さんが言われる、してあげたこと×してもらったことが好意を育む、という話にも通じるなと思いました。
また、自己評価の低さは実際の能力とは関係ない、と思っていましたが、その背景が整理できてすっきりしました。

返信する
はる

小さな頃から『気が利かない、やる事が遅い、お姉ちゃんは出来たのに』等々親に言われて育ってきたので、自分の自己評価が低いのかと思ってきました。日本の謙遜を美徳とする文化も影響があるのかと。
しかしこちらのコラムを拝見し、なるほどなるほど!納得です。今までのコラムの中で一番ストンと落ちてきました。
ありがとうございました。

返信する
a

こんにちは、とても勉強になるお話でした。

メンヘラにこのような女性が多いのか、このような女性がメンヘラになるのかは
解らないですが、家庭環境に難があって育った人は常に「不安」を抱く性格に
なってしまうそうです。

「リスクを怖がる=不安」 なのかなと思いました。

返信する
まさる

いつも楽しく拝見しています。上野さんの洞察力には毎回感嘆しきりです。今回の隠された文字を探せのあたり、完全に手玉に取られました。人の心理を先読みして書いてらっしゃるので「オレの心をよんでる?!」と感じてしまいました。難しい話を読者に体験させる事で理解させる手法、並の人には真似出来ない。あっぱれです。

返信する
さんくす

男です。女性心理が全然わからないんで毎回参考にさせていただいています。

さて、今回の話は途中まで非常に判りやすかったのですが、結論に至るまでで、
よく判らない所があったので教えていただけると嬉しいです。
つまり、いい男とクズの両方からアプローチされたとき、女性としては
基本はどちらも嬉しい、という事なのでしょうか?
つまりアプローチされる事自体は女性にとってのプラスって事でしょうか。
自分の存在価値を肯定されてるって言う意味で。

しかし、その上で、いい男の「好きになる理由」は信じられずクズ男の
「好きになる理由」は信じられる。 だから女性は「自分を好きになる理由」と
「自分が好かれている状態」のセットでクズ男の方をプラス評価する
って言う事でしょうか?
追記していただけると嬉しいです。

返信する
****

クズ男(のDNA)という存在は、メスの生殖特性ゆえ 自己肯定感が低い女性が、それを自分本位に利用するだけしか考えないクズ男とうっかり合致して繁栄しちゃった…というメスの後付けの産物でしょうか。俺の子供(DNA)、に異様に拘るわりには、産まれたらもう知らない、終了!って感じです。

繁栄したということは、質の低い人間が増えてもそれもまた必要悪な存在なんでしょうかね?生物連鎖の頂点の人間がクズ男のDNAに征服され、荒廃すると人間そのものが地球から自滅するでしょうね。そのときが人間という生物の頂点の臨界点なんでしようね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.