ラブホの上野さん最新8巻発売開始!

転職したくないなら、転職の準備をしよう

会社が待遇を悪く出来ない社員とは?

トップ営業マンであろうとも、天才的な技術者であろうとも、自分から会社を辞める決断が下せない人間に対して会社は”クビ”という切り札でどこまでも強気に出ることが出来ます。

ということは逆に言えば

会社

「こいつ、待遇を悪くしたら本気で辞めかねない・・・」

と会社に思われれば、会社は待遇を悪くすることが出来なくなります。

実際に会社を辞めるかどうかは重要ではありません。

「待遇を悪くしたら辞めかねない(そして辞めて欲しくない)」

と思われることが重要なのです。

何故ならば会社にとっての”クビ”が切り札のように、従業員にとっての”退職”もまた切り札。

持っていることに絶大な意味はあるものの、切り札は”切らずにちらつかせる”ことが重要なのです。

切ってしまったら、一応の問題解決は出来ますが、切った方もやはり大変な労力が降り注ぎます。

「お前の代わりにいくらでもいる!」のにクビにならないのは何故か?

残念ながら、一部の超天才を除けば「その人しか出来ない仕事」というものはほとんど存在せず「代わりがいない人材」はおりません。

ですので会社はよく「お前の代わりはいくらでもいる!」と脅しをかけて来ますが、それでは「代わりがいる」のに何故その代わりを使わないのでしょうか?

これは端的に言って「コストが膨大」だからで御座います。

例えば私をクビにして、他の人材を採用しようと思ったら

1)面接にかかるコスト

2)私をクビにするコスト

3)教育をするコスト

4)応募を集めるコスト

5)使い物にならない人物を雇ってしまう可能性のリスクとコスト

などなど膨大なコストが発生します。

そんな面倒なコストを払うくらいなら、今のまま私を使っていた方が効率的。

よほどの無能社員でもなければ「お前の代わりはいくらでもいる!(が、そいつを雇うコストとお前をクビにするコストは結構高いので、できればお前は辞めないでくれ。)」

と企業は考えております。

企業と交渉するために重要な「辞めかねない(そして辞めて欲しくない)」という条件のうち、「辞めて欲しくない」の方は、とんでもなく不良債権の無能社員を除けば、皆様少なからず持っているのです。

あとは「辞めかねない」という条件さえ揃えば、企業と戦うことができるでしょう。

辞めかねないと思わせるための転職

私は別に転職をしろと言うつもりも、転職するなと言うつもりも御座いません。

ですが、転職をする気がないにしても「転職の準備」をしておくことは、サラリーマンとして生きる上で極めて重要なことであると考えております。

一番簡単なのは、他の企業の方から「君の活躍は耳にしている。是非うちに来ないか!?」と勧誘(ヘッドハント)されることですが、誰もにこんな勧誘がくるわけでは御座いません。

また、週末などの副業で「いつでも辞めることが出来るようにしておく」と言う手段もございます。例えば副業の収だけで生活が出来るようになれば、いつでも「じゃあ辞めます」と会社に言えることでしょう。しかし、これも誰もが出来る手段では御座いません。

ですので、一般的な方法としては転職サイトなどで自分が転職できる先を確保しておくことでしょう。

もちろん、転職先などそう簡単に確保することなど出来ません。ですが「その気になれば転職できる!」と心に刻んでおくだけで、仕事でも会社との交渉でも極めて強い立場で戦うことが出来るでしょう。

信用を勝ち取る最も簡単な手段

あまり性格の良い話ではないでしょうが、私が新しく清掃スタッフを雇ったとき、その人間の信用度を測るために行っている行動を1つお伝えさせて頂きます。

これは非常に簡単で「彼らが清掃に入る部屋に、財布(中身は5000円くらい)を置いておく」だけ

彼らが「忘れ物があった」と申告すれば合格。

言わなければ不合格。

これがどういうことかと言えば「やろうと思えば出来るのにやらなかった。」ということが重要なのです。

会社にとって転職で人材が流出してしまうのは、明らかな損害で御座います。

ですので特に優秀な社員であればあるほど、会社はその人材の確保に躍起になりますが、彼らが「転職しない」と信用される最大の理由は「転職できるのにしなかった」という事実なのです。

逆に言えば「生涯働きます」と口にしていたとしても「転職しなかったのではなく、出来なかっただけ」と会社から思われれば、決して信用されないと思っても間違い無いでしょう。

会社

「こいつは能力が無いから転職しないけど、万が一、他社からオファーがあったら一瞬で裏切る可能性がある・・・」

と思われるだけです。

逆に転職できるのにしなかった人は

会社

転職ができる状況だったのにしなかった。あっちの方が給料が良いのに・・・。ということは彼はちょっとのオファーでは辞めない信用できる社員だ、信頼できる。しかし、彼にオファーがあったのは事実だ。きちんといつも待遇を考えねば

となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA