異性として好きではない人から告白された

【ご質問】

今真剣に悩んでいることがあるのでアドバイスを貰えればと思いメールを送りました。

私は人として友達として好きだけど異性として好きではない人から告白されるととても気持ち悪く感じてしまいます。

そのせいかずっと恋人がいません。

今までに何度も告白されたことはあります。

本気で心から好きになった人は恋人がいたりなかなか思うような気持ちを伝えきれずに、終わってしまっています。

なので、自分の中で妥協して私のことを好きと言ってくれる人と付き合おうとしました。

でもやっぱり嫌悪感がついてまわって耐えられなくなり、その時告白をOKした人とは3日で付き合えないと言って別れました。

これを乗り切るためには自分は何をしたらいいのか分かりません。

少しでも今の状況を改善できればいいなと思います。

【回答】

ご質問誠に有難うございます。

1つずつゆっくりと考えて見ましょう。

まず「私は人として友達として好きだけど異性として好きではない人から告白されるととても気持ち悪く感じてしまいます。」という部分ですが、これは極めて普通のこと。特に気にする必要も御座いません。もしご質問者様が「異性として好きな人からでも告白されると気持ち悪い」と仰るのであれば、それは問題ですが、別に好きではない人から告白されて気持ち悪いと感じるのは大した問題ではないでしょう。

このように「自分のことを(異性として)好き、と言われると冷める、気持ち悪い、嫌い」という感情を抱いている女性は非常に多く、私のところにもよくご質問が届きます。

そしてインターネットのお悩み相談でこのような質問に回答をされている方も多くお見かけしますが、非常に多い回答として「自分のようなクズを好きになるなんて、あの人はセンスがない。だから冷める。つまりこの問題の原因は自己評価の低さだ」というものが御座いますが、個人的にはこの回答には懐疑的。

確かに洒落た回答であるとは私も思います。ですが、こんな洒落た理由で「気持ち悪い」と感じているとは到底思えないのです。

もちろん、症状は同じでも原因は人によって様々でしょう。ですのでこういった洒落た理由で「気持ち悪い」と感じている方が0とは私も申し上げませんが、多くの方はそうではない。

もっとずっと単純で「自分のことを「異性(性の対象)」として見ている」ということが気持ち悪い」のではないかと思っております。

露骨に言えば、相手の男性から自分に向けられる好意も「人として好き」という行為であって欲しかったという理由ではないでしょうか。それが「異性として好き」という理由で好かれていることに気がつくと気持ち悪くなる。そんな理由であるのだと思います。

 

さて、続いて「そのせいかずっと恋人がいません。」という部分。

このことから分かることとして、ご質問者様は「異性として好きではない男性から告白されることは結構あるものの、異性として好きな男性から告白されたことはない」ということが分かります。

今回のお悩みは「今の状況を改善したい」というもので御座いましたが、そのお悩みに回答するのであればここの部分が一番のキーポイントになってくることでしょう。

つまり「異性として好きな男性」から告白されることがあれば、もしくはご質問者様の方からアプローチをして付き合うことが出来れば、今回のお悩みは解決するのです。

しかし「異性として好きな人」から告白されるということは容易なことでは御座いません。

もちろん色々と「こうしたらいい」というようなことはお伝え出来るのですが、それを行動に移すことは極めて困難であると言わざるを得ないのです。何故ならば「こうしたらいい」という手段は全て「勇気を持って緊張せずに」という条件が付きまとうから。

 

という訳で今回の本題。

「でもやっぱり嫌悪感がついてまわって耐えられなくなり、その時告白をOKした人とは3日で付き合えないと言って別れました」

という部分に入りましょう。

私は、それこそ50年くらい結婚関係を継続している間柄であっても、耐えられなくなれば離婚してしまえばいい、と考えているタイプの人間で御座います。

ですので「嫌悪感」がつきまとい耐えられなくなったのであれば、別れるという選択肢を取ることには一切の異論は御座いません。

また、ご質問者様の「自分の中で妥協して」という部分も、非常に同意いたします。最初から100点を取ることなど誰にも出来ません。ですが、この世界の多くの人間は最初から「100点」を狙ってしまいます。

そして、この「最初から100点主義」の方というのは、ほとんどの場合において

「最初から100点が取れるような状況にならなければ行動しない!」という考え方で行動をしてしまう。

この考えには様々な問題点があるのですが、その中でも最も重要な問題として「時間」という概念を無視しているということが挙げられるでしょう。

例えば私が好きなトランプのゲームに「テキサスホールデムス」という競技があるのですが、このゲームにおける「最初から100点が狙える状況」というのは「ポケットエース(Aが2枚の手札のこと)」と呼ばれる手札で御座います。

ですので、ポケットエースが手札に来れば、誰でもまず間違いなく行動を起こすのですが、もし「100点の手であるポケットエース以外では行動しない」というスタンスで行動をしていたらどうなるでしょうか?

ポケットエースが手札に来る確率は約0.45%、回数で言えば220回に1回程度の確率で御座います。

するとこの考えで行動している方というのは「220回に1回」しか行動を起こさないということになります。

もちろん確率ですので、最初の1回でポケットエースがくることもあれば、220回やっても1度もポケットエースが来ないこともあるのですが、この方針で行動している場合、非常に高い確率で

ポケットエースが手札に来る前に破産します。

さらにポケットエースが来ても、それでもなお「でも・・・」とか言って行動できない。

仮に行動できても100点の手でしくじる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA