ラブホの上野さん最新8巻発売開始!

自己評価の低い女性がクズな男に嵌まる理由

会社で生き残る方法

社会人もしくはこれから社会人になる皆様に「会社で生き残る方法」を8つお教えさせて頂きましょう。

1つ目は変化を拒むこと。

変化はリスクです。変化して成功しても大して褒められませんが、失敗をすれば厳しく責められます。変化を拒むようにしましょう。

2つ目はリーダーにならないこと。

確かにリーダーとして成功すれば評価はされますが、どれだけ評価を重ねても1回リーダーで失敗をすればそれまで。ですのでリーダーにはならないほうが良いのです。

3つ目は責任を逃れること。

責任逃れをするための書類作りこそが最も重要な仕事と言っても過言ではありません。

事業が失敗した場合は、自分以外の誰に責任を押しつけるべきかということを必死に考えましょう。

4つ目はコウモリ体質になること。

強きに巻かれ、弱気を挫く。よらば大樹の影でいきましょう。弱い者の味方をしても良いことがありません。

5つ目は八方美人になること。

敵を作るのは愚策中の愚策。誰にでも良い顔をしましょう。そうすることで誰が勝者になっても寵愛を受けることが可能です。

6つ目は決して安心しないこと。

常に警戒を怠ってはなりません。誰が自分を裏切りそうで、誰に責任を押しつけることが出来そうか。どれだけ積み上げても絶対はありません。最後まで保険をかけ続けましょう。

7つ目は行動しないこと。

出来る限り行動は人にやらせましょう。行動すればリスクが伴います。口だけで済むならそれに越したことはありません。

8つ目は挑戦しないこと。

挑戦にはリスクがつきもの。絶対に挑戦してはいけません。

この方法は特に銀行や公務員などの「お硬い仕事」で効果的です。

さて、皆様はこの方法についてどのような感想を抱いたでしょうか?

「私の会社のウザい上司がまさにこのタイプ!」なんていう風に感じた方も多いことでしょう。ですが現実問題として、私もそして皆様の多くも基本的にはこの方針で仕事をしていることと思います。

わざと嫌な表現を多用しましたが、別にこの方法が悪いというわけでは御座いません。こういったタイプの人材がいなければ、どの会社も必ず破綻をしてしまいます。

例えば急成長したベンチャー企業はこういったタイプの人材が少なく、無理な拡大で倒産してしまうことも多いのです。

重要なのはバランス。多すぎても少なすぎてもダメなのです。

こういった保身的な人材も必要ですし、逆に「このキノコ食べられそう」と言って食べてしまうような挑戦的な人間もまた会社には必要なのです

ただしこういった保身的な戦略を取る方は気苦労が絶えないのも事実。

というのも先程の8つの方法を率先して使いたい、と思う方は少ないでしょう。

やりたいこともせず、リーダーにもならず、責任逃れに奔走し、コウモリのように立場を変え、嫌いな相手にも良い顔をし、決して安心することのない生活です。

「死なない」ということだけを目的にした方法ですので、その中には「楽しさ」や「やりがい」といった要素は存在致しません。生き残ることだけに特化した方法で御座います。

保身人間を騙す方法

さて、このように保身型の人間はとにかく慎重でリスクを回避する傾向に御座いますが、彼らを騙すことはそこまで難しくありません。

彼らは常に疑っているのです。どれだけ根拠を重ねようとも「もしかしたら……」と極めて低確率のリスクを警戒します。しかしそれでは朝ごはんを食べることすら出来なくなってしまうでしょう。

ですので彼らはそうそう物事を信じない代わりに、一度信じたものを疑いません。そこに彼らの隙があるのです。

それではここでクイズを出題させて頂きましょう。

次の画像の中に隠された言葉を見つけて下さい。

1文字ずつずらして読むと……?

9 Comments

宇佐うさこ

上野様、はじめまして。広島で婚活コンサルタントを営んでおります、宇佐うさこと申します。
いつも、上野様の深い人間観察、他分野にわたる造詣の深さに、感銘をうけている一人でございます。

今回の記事も、とても興味深く拝見させていただきました。

実際にクライアント様でも、学歴高く、仕事熱心で、容姿がよくても、自己否定が強いことが一番のネックになっている女性は多いです。
そういった方の場合、やはりきちんとした男性に好意を持たれたとしても
「おかしいんじゃない?他にもっといい女の人いるし」思って逃げてしまいます。

そのため、私も、お相手をご紹介する前に、自己肯定感をあげるワークなども取り入れています。

しかしながら、ダメ男にひっかかることもないですが、「旦那さんにするにはうってつけ」の男性に、恋心を持てず、かといって「旦那にするならいいよね!」と割り切れもしない彼女たちです。
上野様の論理でいいますと、0.0000001%の死ぬ確率を感じているということでしょうか。
上野様のご回答にもありましたように、女性が「自分が必要とされる理由」というのを、男性側に提案してみようと思います。

返信する
NY

逆に自己評価の低い女性に対して男性がしてあげられる事って何なんでしょうか?
自分には地道にアタックし続ける事しか思いつきません。

返信する
匿名

今回のような自己否定の強い女性を口説く時にアプローチをする場合は「お願い」をすれば良いということでしょうか、誉めたりするのはあまり効果がないのでしょうか、他に良い方法があるなら是非教えて下さい。

返信する
31歳男性

非常に納得です。自己評価の低い子たちに、尽くした感を味あわせることは重要ですね。兼ねてより上野さんが言われる、してあげたこと×してもらったことが好意を育む、という話にも通じるなと思いました。
また、自己評価の低さは実際の能力とは関係ない、と思っていましたが、その背景が整理できてすっきりしました。

返信する
はる

小さな頃から『気が利かない、やる事が遅い、お姉ちゃんは出来たのに』等々親に言われて育ってきたので、自分の自己評価が低いのかと思ってきました。日本の謙遜を美徳とする文化も影響があるのかと。
しかしこちらのコラムを拝見し、なるほどなるほど!納得です。今までのコラムの中で一番ストンと落ちてきました。
ありがとうございました。

返信する
a

こんにちは、とても勉強になるお話でした。

メンヘラにこのような女性が多いのか、このような女性がメンヘラになるのかは
解らないですが、家庭環境に難があって育った人は常に「不安」を抱く性格に
なってしまうそうです。

「リスクを怖がる=不安」 なのかなと思いました。

返信する
まさる

いつも楽しく拝見しています。上野さんの洞察力には毎回感嘆しきりです。今回の隠された文字を探せのあたり、完全に手玉に取られました。人の心理を先読みして書いてらっしゃるので「オレの心をよんでる?!」と感じてしまいました。難しい話を読者に体験させる事で理解させる手法、並の人には真似出来ない。あっぱれです。

返信する
さんくす

男です。女性心理が全然わからないんで毎回参考にさせていただいています。

さて、今回の話は途中まで非常に判りやすかったのですが、結論に至るまでで、
よく判らない所があったので教えていただけると嬉しいです。
つまり、いい男とクズの両方からアプローチされたとき、女性としては
基本はどちらも嬉しい、という事なのでしょうか?
つまりアプローチされる事自体は女性にとってのプラスって事でしょうか。
自分の存在価値を肯定されてるって言う意味で。

しかし、その上で、いい男の「好きになる理由」は信じられずクズ男の
「好きになる理由」は信じられる。 だから女性は「自分を好きになる理由」と
「自分が好かれている状態」のセットでクズ男の方をプラス評価する
って言う事でしょうか?
追記していただけると嬉しいです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.