お悩み相談

失恋すると急にモテるのは何故なのか|失恋直後は多くのクズを吸い寄せる

【ご質問】

『失恋したての女性は堕としやすい』というのは本当なのでしょうか?

私はつい最近7つ年上の彼氏と破局してしまいました。

そこで失恋したての女性は堕としやすい、等と言う言葉がふと頭に浮かんだのですが、失恋したての女性こそ前の恋人に執着心があり中々揺らがないものなのではないでしょうか?

お答えいただけますと幸いです。

18歳 /女性

【回答】

ご質問誠に有難う御座います。

ご質問者様は販売系のアルバイトをされたことはあるでしょうか。

私は大学生の頃にドラッグストアで働いておりました。具体的に言ってしまえば「クリエイト」というドラッグストアなのですが、クリエイトにはPB商品と呼ばれる商品が御座います。

PB商品というのはプライベートブランド商品のことで、簡単に言えばクリエイトが独自に製造している商品のこと。自社で作り自社で売っているのですから、他の商品に比べて利益率が高くなっております。要するにPB商品を売れば売るほどクリエイトは儲かるので御座います。

ですのでアルバイトである私も社員さんから「PB商品をおすすめするように」という通達がされておりました。

それではここで1つ、元アルバイトの私からクリエイトのPB商品をご紹介させて頂きましょう。

今回ご紹介するのはこちら

「栄養士が考えた毎日飲みたい青汁」で御座います。

健康のために青汁に関心のある方も多いことでしょう。その点、こちらの商品は栄養管理のプロである栄養士が自信を持ってオススメできる商品になっております。

とは言え青汁の苦味が苦手な方も多いことでしょう。しかしご安心くださいませ!こちらの商品は抹茶風味で飲みやすく「青汁嫌い」だったはずの多くのお客様にお選び頂いております。

それではご質問者様がクリエイトのアルバイトでこの商品を売ろうと考えていたとしましょう。

そこに2人のお客様がいらっしゃいました。

1人は青汁を日々愛飲されている鈴木さん。しかし鈴木さんは別メーカーの青汁を長年愛飲されております。

もう1人はそもそも青汁に一切興味がない田中さん。まだ若く健康を考えているようにも見えません。

この2人のうち、どちらの方に売り込んだ方が「栄養士が考えた毎日飲みたい青汁」をお買い上げ頂ける可能性が高いでしょうか。

意欲を持たせるのが大変

もしも田中さんに「栄養士が考えた毎日飲みたい青汁」を売ろうと思ったら、「栄養士が考えた毎日飲みたい青汁」の良さを説明する以前に「青汁」の良さから説明しなくてはなりません。

そもそも田中さんは青汁に興味なんてないのです。そんな方に「栄養士が考えた毎日飲みたい青汁」を売ろうと思ったら、これがどれだけ大変なことか想像に難くありません。

一方で鈴木さんの場合、青汁への興味はそもそも持っているので「栄養士が考えた毎日飲みたい青汁」の良さを説明するだけで良いのです。もちろん他社様の青汁という強力なライバルは存在しますが、それでも田中さんに売るよりははるかに簡単であると言えるでしょう。

これはロケットで考えると分かりやすいかもしれません。ロケットは莫大な燃料を積んでおりますが、そのほとんどを離陸の際に使用します。

止まっているものを動かすためには莫大なエネルギーを必要としますが、動いているものの進行方向を変えるためにはそこまで多くのエネルギーを必要としません。

鈴木さんの場合「青汁を買いたい」という気持ちは持ち合わせておりました。つまり心は動いているのです。その方向性を「栄養士が考えた毎日飲みたい青汁」の方へと向けることはそこまで難しいことでは御座いません。

しかし田中さんはそもそも青汁に興味がないので心が動いていないのです。止まっている心を動かすためには、心の方向性を変えるより何倍ものエネルギーが必要になるのは間違いありません。

失恋者の心は動いている

世の中の人間のほとんどは「恋してえなぁ」くらいには考えております。

しかしその心は実際にはほぼ動いていないと言って良いでしょう。漠然と「恋してえ」くらいには思っていますが、実際に行動を起こすほどには心は動いておりません。つまり田中さんなので御座います。

一方で今回のご質問者様のように失恋をした直後の人間は、恋愛というものに心が動いていると考えて間違いありません。確かにその方向は元彼に向かっているかもしれませんが、それでも心が動いているのは間違いない。つまり鈴木さんなので御座います。

この2人のどちらに自社の恋という商品を売る方が簡単かは先ほど説明した通り。そもそもモチベーションを持っていない人間に売るのに比べれば、モチベーションは持っているけど別の方向を向いている方に売る方が数倍簡単で御座います。

人間に期待するな

それでもご質問者様はこう考えるかもしれません。

「栄養士が考えた毎日飲みたい青汁」と人間を一緒にするな、と。

そう仰りたい気持ちは分かります。しかし私は良い意味でも悪い意味でも人間に期待しておりません。

ご質問者様はこれまで元彼と交際をしておりました。つまり定期的に継続的に彼からの愛を享受していたのです。

しかし別れた。つまりその愛が提供されなくなったのです。

その状態でいつまでもその男を愛せるほど、人間は健気な生き物では御座いません。

私がご質問者様の年齢だった頃、坂口安吾の『堕落論』を読みました。そこにはこんな一説が御座います。

大君のへにこそ死なめかへりみはせじ。若者達は花と散ったが、同じ彼等が生き残って闇屋やみやとなる。ももとせの命ねがはじいつの日か御楯とゆかん君とちぎりて。けなげな心情で男を送った女達も半年の月日のうちに夫君の位牌にぬかずくことも事務的になるばかりであろうし、やがて新たな面影を胸に宿すのも遠い日のことではない。

坂口安吾 堕落論より引用

少々難しい言い回しで御座いますが、要するに「お国のためと戦地で命を賭けて戦っていた若者は帰国するなり闇市(悪いこと)で金を稼ぐようになった。戦地に向かう夫を健気に見送った女性も、半年もすれば戦死した夫の位牌を事務的に扱うし、そう遠くないうちに新しい男と再婚する」という意味で御座います。

人間は本質的に利己的で自分勝手で、そして忘れる生き物なのです。

振られた相手を、もう自分を愛してくれない相手を、もういなくなってしまった相手をいつまでも思い続けることが出来るほど人間は倫理的な生き物では御座いません。

私はよく「人間に期待するな」と言いますが、その「人間」というのは他人だけではなく自分自身のことも含まれているのです、むしろ7割くらいは「自分に期待するな」という意味で言っております。

残念ながら私もご質問者様も本質的には利己的なヒトという動物でしかありません。今この瞬間は相手のことを思っていたとしても、その思いは長くは続かない。そして簡単に流される。人間はいなくなった相手に忠誠を誓えるほど立派な生き物では御座いません。

時間の空白

もうすぐ4月になりますが、今年の4月に進学や就職をされる皆様。誠におめでとう御座います。

さて、そんな胸躍る4月で御座いますが、4月と言えばやはり「上京したての若者を狙う詐欺」でしょう。

代表的なものだけでも「宗教勧誘」「マルチ商法」「絵画詐欺」「ビジネスセミナー詐欺」「モバイルプランナー」など、上京したばかりの若者を狙う詐欺は数しれません。なおもしも今の5つの言葉の中に知らないものがある上京予定の方がいらっしゃいましたら、この記事をすぐに閉じて調べた方が良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

ちなみにここで知らなかったのに調べなかった方は間違いなく詐欺にかかる素質が御座います。詐欺にかかる人間はいつだって「自分は大丈夫」と思っている人間なので御座います。

 

さて、それでは話を戻しましょう。

上京したての若者は確かによく詐欺に狙われるのですが、それは何も彼らが無知だからというだけの理由では御座いません。もちろんそう言った事情も御座いますが、もう1つ非常に大きな理由があるのです。

それは時間。

これまで休日は地元の友達と遊んでいた人間は、上京して人間関係が変わると休日の時間を持て余します。要するに暇なのです。

人間が訳わからないことをしでかすのはいつだって暇な時なのです。これまでの誰かと一緒に休日を過ごしていた方は、その人がいなくなると突然休日に何をしていいか分からなくなり、目の前のよく分からないものに飛びついてしまうので御座います。

 

それでは失恋したての女性の場合はどうでしょうか。

どのような恋愛をしていたのかということによって多少話は違いますが、少なからず恋人に時間を割いていたのは間違いありません。しかし、その恋人がいなくなったらそれまで恋人に使っていた時間は予定のない空白の時間になってしまうことでしょう。

こと恋愛に関して言えば、それはつまり「デートの予定が合いやすい」ということに他なりません。

2ヶ月後の休日の予定も埋まっている女性と、週末の予定が一切ない女性であればどちらの方が男性目線でアプローチをしやすいかは言うまでもないでしょう。

詐欺師は弱ってる人間を狙う

詐欺の話が出ましたが、詐欺師というのは得てして弱っている人間を狙います。ただし弱っていると言ってもお金を持っていない人間に詐欺をしても意味がありませんので「お金はあるけど、精神的に弱っている人間を狙う」と言うのが正しいでしょう。

「弱っている人間を狙うなんて酷い!」という倫理的な意見は分かります。しかし、もしも私が詐欺をするのであれば間違いなく弱っている人間を狙うことでしょう。むしろわざわざ弱っていない強い人間を狙う詐欺師がいたらそっちの方が異常すぎて恐怖でしかありません。

さて、それでは今のご質問者様の状況を客観的に見てみましょう。

まず失恋中で落ち込んでおります。これは間違いなく「精神的に弱っている」と言えるでしょう。

そして言葉は悪くなりますが、ご質問者様は18歳の女性。詐欺師が狙うには十分な価値があると言えるでしょう。

ですのでどうかご注意くださいませ。

ご質問者様が自分自身のことをどう考えているかは分かりませんが、客観的に見て今のご質問者様は「体だけを狙うクズ男性」にとって格好のターゲットでしかありません。

お悩み相談募集中

お悩み相談はこちらから



-お悩み相談

© 2021 ラブホの上野さんの相談室