【お悩み相談第25回】共通点と相違点

【ご質問】

いつも興味深いお話拝見させていただいております。

相談したい事があります。

コミュ力です。

私はさっき片思いの相手に振られました。

原因ははっきりと分かっています。自分のコミュ力の低さです。

自分が彼女との距離感を把握できず、

先走った言動を取ってしまい、彼女に多大な気持ち悪さを与えてしまったと分かっています。

自分は正直に言うと竹馬の友というような友人がいません。

これも自分が場に適した行動が取る事が出来なかったためだと分かっています。

家族からは「お前は人をイラつかせる事の天才だな」などとも言われました。

いつも自分のコミュ力のなさで人望という心の底から欲しいものが手に入りませんでした。

しかし、そんな自分にもモテ期というものがございました。

私は以前ある仕事の挫折から上野さんの恋愛相談に書かれていた「牙の生えた男」(※1)状態になっていました。

その時は物凄くモテましたが、女の子とベタベタする余裕すらなかったので彼女は作りませんでした。

ですが、それから時間がたち自分にも恋愛を楽しめる現状になり、上野さんと同世代ながら彼女が一人もいなかった自分にも人並みに恋がしたいと思うようになりました。

そして、自分が気になっていた女性に勇気を持ってラインしたら始めはいい感じになり、生まれてから一番幸せな感情になりました。その後が問題でした。ほとんど一方通行なラインをしてしまい、かなり嫌われました。

自分が自分で憎いです。

なんでこんなにコミュ力がないのだと

自分は人生で付き合う人は一人だけでいいと思ってるのにそれすら手に入らない。

人望が欲しいです。

自分の周りに人が集まってきて欲しいです。

今まで散々努力しました。

本を読んだり接客業をしたりサークルでそれらを活かせるように努力したり。

でも駄目でした。いつもボロが出て失敗して最後には一人で帰宅してました。

生まれ持った性格のしつこさを嫌という程知っています。

でも性格を変えたいんです。

心の底からの友人、彼女と呼べる存在が欲しいです。

もう友達や彼女候補が自分から距離を取ろうと望むような行動を見たくないんです。

コミュ力が欲しいです。

自分が困った時に自分の味方をしてくれる友人が欲しいです。

彼女に愛を注いでも嫌われる事がない表現ができる自分になりたいです。

どうすればコミュ力を手に入れる事ができますか?

日々多大な業務に追われている上野さんだと理解しておりますが、何卒私の相談にのってください。

※1 牙の生えた男……拙著「ラブホの上野さんの恋愛相談」のコラムで登場したフレーズ。一匹狼として競うことを避けずに戦っている男のこと。ものすごくモテる。詳細は「ラブホの上野さんの恋愛相談」をお読み頂ければ幸いです。



【回答】

ご質問誠に有難うござます。

1問クイズをしてみましょう。

 

問題 4コマ目に入る写真を考えてください。

 

 

 

問題 この4コマ目に次の3つの画像のうちどの画像を入れれば、佐藤は上手に対応できたと言えるでしょう?

A 快諾

B 断る

C 渋々了承する

7 件のコメント

  • 「ギャンブラー系の人にとっては意見の不一致は喜ばしいこと」に共感の嵐です。私の大好物は「自分と全然違う考え方を持つ、または違う生き方をしてきた、ただただ私と意見交換してくれる人」です。逆に「なんの意見もない、もしくはあっても自分と同じ人」はどんなにいい人でも自発的に連絡をとって仲良くしたいと思えません。つまらないし会話に生産性がないからです。「これ可愛い」をカエルの歌のように重唱したところで生まれるのは脆い連帯感くらいです。おそらく女性の方が普通の人ゾーンに多く入ると思います。

    上野さんのたとえでいうならば、私は生粋のギャンブラー系であり、同族が大好物で普通の人が好きではない。今まで長々と考えていた問題をわかりやすくまとめてもらい、スッキリしました。

    私の推測では上野さんは「もともとかなりのギャンブラー系だけど社会に出てそのスタイルで痛い目を見たからぱっと見穏健派に徹している。が、頭の中で一人討論をしている”能ある鷹は爪を隠す系のギャンブラー系”」です。当たってますか?(笑)

  • 今回のコラムを拝見して、今まで喉につっかえていたものが外れる感覚がしました。
    恋人や配偶者と意見が合わないという話を聞くとき、
    違う人間なのだから意見が合わないのは当然で、問題はどうすり合わせをするかではないか。と常々思っていましたが、その考え方こそがギャンブラー系の考え方だったんですね。
    私自身も、恋人と話し合いができないと感じる事がありますが、意見の対立=敵という考え方なら、話し合えないのも納得できます。
    お忙しいところ恐縮ですが、一つ質問させて下さい。
    恋人同士や配偶者間では、相手が討論が嫌いでも、話し合わなければならない時があると思います。
    相手の意見を引き出すには、ギャンブラー型として、どういった対応を取れば上手く行くのでしょうか?
    お目に止まれば幸いです。

  • 今回のコラムを拝見して、今まで喉につっかえていたものが外れる感覚がしました。
    恋人や配偶者と意見が合わないという話を聞くとき、
    違う人間なのだから意見が合わないのは当然で、問題はどうすり合わせをするかではないか。と常々思っていましたが、その考え方こそがギャンブラー系の考え方だったんですね。
    私自身も、恋人と話し合いができないと感じる事がありますが、意見の対立=敵という考え方なら、話し合えないのも納得できます。
    お忙しいところ恐縮ですが、一つ質問させて下さい。
    恋人同士や配偶者間では、相手が討論が嫌いでも、話し合わなければならない時があると思います。
    相手の意見を引き出すには、ギャンブラー型として、どういった対応を取れば上手く行くのでしょうか?
    お目に止まれば幸いです。

  • 自分の意見をガシガシ言ってくれる人の方が自分の意見を言えるから付き合いやすいなと思ってたのでまさに自分はギャンブル女だなと思いました。
    上野さんの頭の中を覗いてみたいと思いました。

  • 今回のコラムが一番面白かったです。画像を見た瞬間に『自分はギャンブラー以外の何者でもない!』とピン!ときました
    頭の中で常に自分の価値観を反芻して自分の頭では出てこない他人の新鮮な意見が大好き、どんな人のどんな意見でも大好物ですが自分の中のテリトリーは絶対に曲げない、これ程までこのような区分けにピッタリとハマる自己評価は見たことがなかったです。
    多分ここにコメントを残す方もギャンブラータイプが多い、というかギャンブラータイプしか残さないのではないでしょうか

  • このお悩み相談の表を見て納得しました。まさに政治家タイプの人に色々と迷惑をかけられて困っておりました。なぜ敵か味方かを区別したがり、私が味方だということを常に確認し、敵と接触していないかを心配するのかわからず疑問ばかりでした。周りと普通に接すれば良いのになぁーと思っていましたが、彼はそれが普通なのですね。周りが疎遠になる理由が自分には一切無いと思っているようなので、なんでわからないのか不思議でしたが私が彼をウザイと思うのが普通のようなので安心しました。
    政治家タイプは敵だと思う人に攻撃しそうな気がするので、正直怖いなと感じています。

  • このコラムを読んでいると、モテない人がモテる努力をすることが、
    どれだけ凄い事なのかを痛感できます。
    勇気を出して質問した方が、無事に元気を取り戻せることを願っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA