逃げるは恥だが役に立つの津崎平匡さんは現実にいたら、多分かなり結婚に向いてない

逃げるは恥だが役に立つ




まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」
ドラマ「ラブホの上野さん」の完全版がご覧頂けるのはFODだけ!
皆さま、是非ご覧くださいませ。
原作は漫画「ラブホの上野さん」も好評発売中!

昨年ドラマが大ヒットした「逃げるは恥だが役に立つ」

新垣結衣さんと星野源さんのカップルにときめいた方も少なくないことと思いますが、冷静に考えてみると「みくり」と「平匡さん」の行動の中には「新垣結衣さん」と「星野源さん」のヴィジュアルだから許されているものも少なくありません。

という訳で今回は「逃げ恥」の原作漫画を読んで、私が感じた「みくり」と「平匡」の恋愛と結婚について書かせて頂ました。

原作漫画とドラマで内容に違いがある場合は「原作漫画」を優先しておりますので、その点はご了承いただければ幸いです。

続きはこちら

 

津崎平匡さんのようなタイプが結婚相手危険な理由まとめ

・家事に対しての要求水準が極端に高い
特に共働きで家事を”分担”した場合が危険。
「掃除をした」という水準が違うので、高い方からすると「掃除してないじゃん……」となる。
逆に低い方が高い方に合わせて掃除をすると、「なんでこんなに無駄なことしなくちゃいけないんだ……」となる。

・二人で揉めた時に内に篭る
揉めた時にいつまでも篭って、なんとかしようとしないタイプは男女問わず本当に面倒なので絶対に避けた方がいい。

・恋愛の耐性がない
恋に幻想を抱いてるので、初期の盲目期を超えると破綻しやすい。
また恋愛の楽しみを人生で初めて知ると、そのあと狂ったようにいろんな人との恋に走るタイプも少なくない。
特に多いのが「青春を取り戻したい!」という風に恋に走り出すタイプ。

 

詳しくはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA