【お悩み相談第16回】ファッション初心者

服を買いに行く

 

・誰かに服を選んでもらおう!

自分のことを客観的に見ることが出来、なおかつ服を選ぶセンスがある、と自信を持って断言できる方を除けば、洋服は誰かに選んで貰ったほうが無難です。

特に「女性にモテたい」と考えて服を買おうと思っている方の場合は女性に選んで貰ったほうが良いでしょう。

そもそも服は、多くの場合において「誰かに見てもらうため」のものなのです。ということは洋服選びにおいては審査員である女性や上司や友達が好きと言った服を着るのが最も無難であると言えるでしょう。

・かっこいい服がモテるのではない。モテる服のことをかっこいい服というのだ。

さて、それでは具体的に誰に頼むのかという話ですが、優先順位としては以下の通りです。

  1. 好かれたい相手(好きな女の子など)
  2. 好かれたい相手と好みが似てる人
  3. センスがいい人
  4. その他

とは言え、現実的には「好きな相手」に頼むことなど出来ないでしょうし、センスが良い友人だっているとは限りません。

そういう場合の対処法を3つご紹介させて頂きます。

 

マネキンひっぺがし法

「店にあるマネキンをそのままひっぺがして買ってこい」

これはファッションセンスのない男性に向けてよく言われる言葉で御座います。

私もこの方法を完全に否定するつもりは御座いませんが、基本的には難易度が高い手段であると思っています。

・マネキンひっぺがし法の問題点

  1. マネキンは基本的にスタイルがいい。そのスタイルと自分の体型が同じでないとサイズが合わない。
  2. マネキンには顔がない。サイズは合っていても顔や性格との雰囲気が合っていないことも多い。

つまりマネキンひっぺがし法を使うためには「自分に似合っているマネキン」を探す必要があるのです。ですがそんなスキルがあるのならば、マネキンをひっぺがさずに普通に買ったほうがずっと簡単でしょう。

 

店員さん活用法

店員さんに聞くことが出来るのならば、これが一番簡単な方法で御座います。

ただこの方法にもいくつか問題点があり、そのことを理解する必要はあるでしょう。

・店員さんに聞く場合の問題点

  1. その店員さんのセンスが良いか判らない
  2. 在庫が多い服を勧められることがある
  3. 1つのブランドに限定されてしまう。

私はショップの店員さんのことをそこまで穿った目で見てはおりません。

ですので、わざわざ似合わない服を選ぶとも思っていませんし、在庫品を押し付けることもそこまで多くはないと思っています。

しかし、ショップの店員さんに話を聞く場合、1つだけ致命的に大きな問題が御座います。

それは「入るショップを間違えた場合」

例えば、アメカジが似合うタイプの男性が、きれいめ系の強いショップで店員さんに聞いた場合、その店員さんは「その店で一番似合うもの」は提案してくれると思いますが、「お兄さんはアメカジに合いそうだから、うちの店よりもあっちの店の方がいいっすよ」とはさすがに言ってくれないのです。

 

お金で解決する

世の中の大抵の問題はお金で解決することが可能で御座います。

嫌な表現ですが、本当で御座います。人間関係のようなややこしい問題ならともかく、たかだか服選び程度の話であれば簡単にお金で解決することが出来るのです。
メンズ専用!あなたに似合うコーディネートを無料でご提案!【BEST STYLE ME DIRECT】

このサービスはコーディネートをしてくれるネット上のサービスで御座います。コーディネート自体は無料で、その服を買う際に服代がかかるサービスになっております。予算を決めれば、その予算で服を選んでくれるので活用しやすいサービスかと思います。

前回【忙しいから別れたいは99%言い訳
次回【もうこの恋は諦めたほうがいいのでしょうか?←諦めないほうがいい状況であったことがない

秋からドラマ2期も始まります! 是非ドラマ「ラブホの上野さん」をご覧ください!

FODでは1ヶ月無料キャンペーンが御座いますので、是非ご活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA