母親という気の狂った生き物

【ご質問】

はじめまして。

私は現在、関東近郊の実家から都内の大学にかよっている学生です。しかし、門限が厳しく、たとえ好みの男性とバーなどでいい雰囲気になっても11時には家に向かって出発しなければならず、朝帰りなんてもってのほかです。けれど、正直そういう関係を持ってみたくて……。いったいどのようにすればいいのでしょうか?

 

【回答】

ご質問誠に有難う御座います。

別段”そういうこと”をするからと言って、朝帰りをする必要も御座いません。BARで会い、良い雰囲気になった男性と連絡先でも交換して、休みの日に朝からデートをすれば良いのです。

なんていうまともな解決策は今回のお悩みに置いて何1つ役に立ったりは致しません。

確かに、ご質問者様の「そういう関係を持ってみたい」という悩みだけを解決するのであれば、先のような回答で十分かもしれませんが、もう少し踏み込んだ話をさせて頂ければと思います。 

さて、そもそも論になりますが、今回のご質問者様のご両親様はいったい何故「門限」を決めているのでしょうか?

色々と理由を考えればキリがありませんが、突き詰めれば「娘の貞操が心配」という一言に尽きるでしょう。

大学なんていう場所は良いか悪いかはともかくとして、性において物凄く奔放な空間です。両親からすれば大事な一人娘を性の野獣のような男がたくさんいる場所に行かせるのが不安で仕方がない。そんな理由があるのでしょう。

しかし、もし本当に貞操を守りたいのであれば、今の世の中において門限なんていうものを決めたところであまり意味は御座いません。

なぜなら先ほど私がお伝えしたように、それこそ朝早くからデートをしてランチの後、お昼頃からラブホに入ってしまえば、門限なんていうものを一切破らずに”そういうこと”をすることが可能だから。もし本当に貞操を守らせようと思ったら監禁するくらいしか方法はないのです。

まさに箱入り娘といったところでしょう。

さて、今回のご質問者様のように「門限」についてお悩みの方からのご質問は少なくなく、平成も終わるかと言える今日であっても「門限制」を適用している家が多いのだと感じます。

そもそも、箱入り娘というような文化が成立していた要因には間違いなく「お見合い文化」が御座いました。娘が家から一歩も出なくとも、結婚相手を必ず斡旋することが出来る時代であったから、もっと言えば結婚相手が許嫁として幼い頃から決まっていたから、門限を厳しくした箱入り娘でも結婚が出来たのです。

しかし、恋愛結婚が主流の今日。

門限の厳しい箱入り娘は結婚において圧倒的に不利であると言わざるを得ません。

お父様、お母様。

ご質問者様はすでに大学生なのです。一体いつまで門限の厳しい箱入り娘にしておくおつもりでしょうか?

百歩譲って、お見合い結婚の相手をいくらでも斡旋できる能力を持っているならばまだしも、そうでないのなら確実に娘さんは結婚のレースにおいて遅れを取ることでしょう。

確かに、この世界には「悪い虫」と呼ばれるような男がたくさんいることは間違い御座いません。

しかしだからと言って、悪い虫から隔離するのではなく、そういう虫の扱いを経験させるという方がずっと現代に即していますし、教育であると言えると思います。

ナイフが危険だからと言って、ナイフを禁止にするのではなくナイフの使い方を教える

これは私がとても好きな言葉で御座います。

残念ながら、今日では悪い虫がつかないようにする、という教育方針は極めて時代遅れになってしまっていると言わざるを得ないのです。

という意見が通じるわけがない!

と門限文化が間違っているという意見を述べさせて頂きましたが、この意見でご質問者様のご両親様が教育方針を変える可能性は限りなく0に近いでしょう。

通じるわけがないのです。そもそも私の意見だけが正しいなんてことはあり得ませんし、仮に私の意見が100%正しかったとしても、それでもなお、人は意見を変えたりは致しません。

確かに私は今回、基本的にご質問者様の物の考え方に同意をしております。BARで仲良くなった男性と”そういうこと”をしたいというお気持ちも判りますし、今の時代の状況を考えれば、そこで”そういうこと”をすることは全くもっておかしなことだとも思いません。

むしろ、結婚するまで処女という方が今日の社会情勢を考えればずっとレアでしょう。しかも「レア」だからと言って、そのことに「価値」があるともあまり思えません。

ですが、そんな論理など今回のご質問においては少しも重要ではありません。

両親は、特に「母親」という生き物は

気が狂っているのです。

 

母親、という気が狂った生き物

「死ぬ気で」という言葉を私は信用しておりません。

特に男が口にする「死ぬ気で」には少しの価値も存在しないとすら思っています。

もちろん極めて稀に、価値のある「死ぬ気で」も御座いますが、ほとんどの場合においては何の信用もしていないというのが適切でしょう。

しかし唯一、母親が自分の子供に対して感じてる「死ぬ気でこの子のことを守る」という感情だけは、少しの疑いも持つことなく私は信用している。

たとえ100年連れ添った男女であっても、どちらかが不貞を働ければ1日で崩れ去ってしまうのが男女の愛情です。

たとえ100年仲良くしていた友人でも、金の貸し借りをすれば1週間で崩れ去ってしまうのが友人の信頼です。

しかし、母親の愛情。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA